当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Web版Gmailで「閲覧ウィンドウ」を表示する方法

Windows 10→Chrome→Gmail→クイック設定→閲覧ウィンドウ ネットワーク

一般的なメールアプリは画面が「フォルダー」「メール一覧」「閲覧ウィンドウ」の3つに分かれていることが多いです。対してGmailは「フォルダー」「メッセージ一覧」の2つに分かれていますが、「閲覧ウィンドウ」を表示して3つに分けることもできます(3ペイン)。

閲覧ウィンドウとは?

「メール本文」を表示する画面を閲覧ウィンドウと呼びます。

メールアプリでは従来より[受信トレイ][送信トレイ]などを表示するフォルダーウィンドウ、メールを一覧で表示するメール一覧ウィンドウに加え、閲覧ウィンドウが表示され3分割されていることが多く、このようなレイアウトを「3ペイン」などと呼びます。

Gmailは以前より「フォルダー」「メール一覧」のみが表示される2ペインのレイアウトが採用されていますが、これに「閲覧ウィンドウ」を追加して3ペインのレイアウトに変更することができます。

レイアウトを変更するやり方

専用のアイコンから切り替えることができますが、少しわかりにくいので設定より変更すると良いでしょう。

設定

  1. Web版Gmailより【(歯車)】をクリックします。
    Windows 10→Chrome→Gmail

  2. クイック設定の[閲覧ウィンドウ]より【受信トレイの左】【受信トレイの下】を選択します。
    元に戻す場合は【分割しない】を選択します。

    Windows 10→Chrome→Gmail→クイック設定

  3. 閲覧ウィンドウが表示されます。
    Windows 10→Chrome→Gmail→クイック設定→閲覧ウィンドウ

アイコン

  1. Web版Gmailより【ウィンドウ分割モードを切り替え】【▼】をクリックします。
    [ウィンドウ分割モードを切り替え]はクリックするごとに切り替わり、[▼]は【垂直分割】【水平分割】から選択し、元に戻す場合は【分割しない】を選択します。

    Windows 10→Chrome→Gmail→ウィンドウ分割モードを切り替え

  2. 閲覧ウィンドウが表示されます。
    Windows 10→Chrome→Gmail→クイック設定→閲覧ウィンドウ

レイアウトを変更するやり方は以上です。

ネットワーク
エンジニアの休日