当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
Windowsで白黒になった画面に色を戻す方法

Windowsで白黒になった画面に色を戻す方法

Blueskyロゴ Pocketロゴ  はてなブックマークロゴ

Windows 11やWindows 10で表示される画面の「色(カラー)が白黒(グレースケール)になる」と言うことがあります。これは【カラーフィルター】と呼ばれる機能で、[設定]や[キーボードショートカット]によってオン/オフが切り替わるようになっており、簡単に元に戻すことができます。

キーボードショートカットによる操作

Windows 11やWindows 10のカラーフィルターはキーボードのCtrlCキーの押下によってオン/オフが切り替わるようになっています。

CtrlCキーが比較的に使われることが多い「コピー」のショートカットキーであるため、誤操作によって「突然に白黒(グレースケール)になった」と言う場合が少なくないようです。

カラーフィルターのショートカットキーはオン/オフの切り替えなので押下すれば元に戻りますが、誤操作を防止するのであれば設定よりオフにした方が良いでしょう。

カラーフィルターをオフにするやり方

Windows 11

  1. 設定の[アクセシビリティ]より【カラーフィルター】をクリックします。
    Windows 11→設定→アクセシビリティ

  2. カラーフィルターより【カラーフィルター】をオフにします。
    誤操作によって切り替わらないようにするには【カラーフィルターのキーボードショートカット】をオフにします。

    Windows 11→設定→アクセシビリティ→カラーフィルター

Windows 11でのやり方は以上です。

Windows 10

  1. 設定より【簡単操作】をタップします。
    Windows 10→設定

  2. 簡単操作の[カラーフィルター]より【カラーフィルターをオンにする】をオフにします。
    誤操作によって切り替わらないようにするには【ショートカットキーを使用してフィルターのオンとオフを切り替える】のチェックを外します。

    Windows 10→設定→簡単操作→カラーフィルター

Windows 10でのやり方は以上です。