当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。
Windowsで「特定のユーザー」を非表示にする方法

Windowsで「特定のユーザー」を非表示にする方法

Blueskyロゴ Pocketロゴ  はてなブックマークロゴ

Windows 11やWindows 10では、サインイン画面やスタートメニューに一覧で【他のユーザー】が表示されますが、特定のユーザーを非表示にすることができます。

ユーザーの一覧

Windows 11やWindows 10は複数ユーザーに対応しているため、他のユーザーを追加することができます。

追加されたユーザーは、サインイン画面やスタートメニューのアカウントに一覧が表示され、「サインイン時に選択」したり「ユーザーの切り替え」などができます。

ただ、追加したユーザーの中には「サインインするために追加したユーザーでは無い」と言う場合もあり、そのようなユーザーは非表示にすると良いでしょう。

レジストリを操作するやり方

レジストリの操作は[知識][経験]が必要なので自己責任で操作してください。何が起きても一切の責任は負いません。また、事前にバックアップをオススメします。
  1. レジストリエディターより以下の場所を開きます。
    コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\
    
  2. [Winlogon]の配下に【SpecialAccounts】が無い場合、左ペインより[Winlogon]を右クリックし【新規】>【キー】を選択して作成します。
    Windows 11→レジストリエディタ→キー→メニュー→新規

  3. [SpecialAccounts]の配下に【UserList】が無い場合、左ペインより[SpecialAccounts]を右クリックし【新規】>【キー】を選択して作成します。
    Windows 11→レジストリエディタ→キー→メニュー→新規

  4. 左ペインの[UserList]を選択した後に、右ペインの何もない所を右クリックし、コンテキストメニューより[新規]→[DWORD(32ビット)値]を選択します。
    Windows 11→レジストリエディタ→新規→DWORD(32ビット)値

  5. 名前を[ユーザー名]に変更します(値は【0】のまま)。
    元に戻す場合は【1】にするか【削除】します。

    Windows 11→レジストリエディタ→UserList

レジストリを操作するやり方は以上です。