当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsのショートカットキーでアプリを起動する方法

Windows 11→タスクバー Windows

Windows 11やWindows 10では「アプリにショートカットキーを割り当てる」と言うことができるので、「ショートカットキーを押下する」>「任意のアプリを起動する」と操作することができます。よく使うアプリを登録しておくと素早くアプリを起動することが可能です。

アプリを起動するには?

Windowsでアプリを起動するには、アプリのアイコンをダブルクリックするなどの操作が必要です。

アプリのアイコンは[スタートメニュー]や[デスクトップ]と言った場所にありますが、いちいち「スタートメニューを開く」「デスクトップを表示する」と言った操作が面倒であればショートカットキーを使うのが簡単です。

Windowsの画面下にあるタスクバーにはアプリのアイコンを任意にピン留めしておくことができ、このピン留めはショートカットキーと連動しているため、「キーボードでアプリを起動する」と言うことができます。

ショートカットキーの使いかた

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. タスクバーより[アプリの位置]を確認します。
    画像の[(タスクビュー)]のように、アプリ以外のアイコンが表示されている場合は数に含めないので注意してください。

    Windows 11→タスクバー→ピン留め→ショートカットキー

  2. キーボードより(数字)キーを押下します。
    (数字)はアプリの位置によってを押下します。

    Windows 11→ソフトウェアキーボード→タッチキーボード

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。