当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホを 2ボタン ナビゲーション で操作する方法

Androidスマートフォン Android

Pixel 3などに搭載されているAndroid 9 Pieでは “ホームボタン” と “戻るボタン” の2ボタンで指を動かす “ジェスチャー” による操作が増えてきます。これまでのAndroidスマートフォンと大きく違う操作もあるので覚えておくと良いでしょう。

ジェスチャーによる操作

Android 9 Pieでは、これまでのAndroidスマートフォンで “ボタン” をタップしていた操作をジェスチャーで行う場合があります。

特にナビゲーションバーに表示されていた “□(マルチタスクボタン/オーバービューボタン)” が廃止になったことで、これに関連する機能の操作手順が大きく変わりました。

使わなくとも大きく問題になることは無いですが、それでも使いこなせれば便利なので覚えておくと良いでしょう。

ジェスチャーによる操作を行う

アプリ履歴を表示するやり方

これまでのAndroidスマートフォンでは “□(マルチタスクボタン/オーバービューボタン)” をタップすることで表示していたアプリ履歴は、細長いピル型となった ホームボタンを上へスワイプ することで表示できます。

Pixel 3→ホーム

Androidアプリを完全に終了させる方法
Androidスマートフォンでは、アプリを終了させたつもりでも裏(バックグラウンド)で動作している場合があります。このため、アプリを完全に終了(停止)させるには所定の手順を踏む必要があります。

すべてのアプリを表示するやり方

これまでのAndroidスマートフォンでは “ドロワーアイコン” をタップすることで表示していたドロワー(すべてのアプリ)は、前述したアプリ履歴より、もう一度 ホームボタンを上へスワイプ することで表示できます。

Pixel 3→ドロワー

アプリを切り替えるやり方

これまでのAndroidスマートフォンでは “□(マルチタスクボタン/オーバービューボタン)” をダブルタップ(連続で2回タップ)することで行っていたアプリの切り替えは、細長いピル型となった ホームボタンを右へスワイプ することで表示できます。

Pixel 3→ホーム

Androidスマホで複数のアプリを切り替えて使う方法
Androidスマートフォンなどでは原則的に1アプリを1画面で表示します。そのため、バックグラウンドで起動中のアプリを切り替えて使おうとすると少々手間が生じますが、所定の操作(ジェスチャー)を行うと複数のアプリを切り替えて使うことができます...

2つのアプリを同時に表示するやり方

Android 7 Nougatから搭載され “□(マルチタスクボタン/オーバービューボタン)” をロングタップすることで起動するマルチウィンドウは、前述したアプリ履歴より 対象のアプリアイコンをロングタップ することで起動します。

Pixel 3→マルチウィンドウ

Androidアプリを2つ同時に起動する方法
Androidスマートフォンでは[分割画面(マルチウィンドウ)]と呼ばれる機能が搭載されており、「YouTubeを視聴しながらTwitterを見る」と言ったように任意の2つのアプリを同時に起動することができます。

通知領域を開くやり方

ディスプレイの上端から下へスワイプすることで表示される通知領域は、同様の操作で同じように表示させることができますが、それ以外にもPixel 3に搭載された指紋センサーをスワイプすることで表示させることができます。ただし、事前に設定が必要となるので注意してください。

Pixel 3→設定→システム→操作→指紋センサーをスワイプして通知を表示

Googleアシスタントを起動するやり方

ホームボタンをロングタップすることで起動するGoogleアシスタントは、同様の操作で同じように起動することができますが、それ以外にもPixel 3に搭載されたセンサーによって 本体の側面を握る だけで起動することができます。

Googleアシスタント

Googleアシスタントを設定する方法
GoogleアシスタントはAndroid OSに搭載されている【アシスタント機能】です。主にAndroidスマートフォンやAndroidタブレットに「OK Google」と呼びかけて使います。

OSのバージョンが上がり “設定” や “操作” が大きく変わるのは良くあることですが、今回は “操作” が大きく変わってしまったために戸惑う人も多いかもしれません。ただ、Android 9 Pieのようにジェスチャーによる操作は素早い操作が可能となるため、慣れてしまえば快適に操作することができるようになるでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。