当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホでキーボードの位置を自由に変更する方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンのキーボードは画面の下に表示されるのが一般的ですが、Gboardにはキーボードの位置を自由に変更できる機能が搭載されています(フローティング)。昨今では[タブレット]や[大型のディスプレイを持ったスマートフォン]も増えているので便利な機能かもしれません。

フローティングキーボードとは?

Androidスマートフォンなどで文字入力を行う際には、入力に使うキーボードが画面の下から「せりあがる」ように表示されるのが一般的です。この形式の場合、キーボードの位置が固定となるため、画面サイズなどによっては使いにくい場合も多いです。

そこで、IME(日本語入力システム)によっては、キーボードの位置を自由に変更できる機能を持っている場合もあり、この形式では表示内容に対して「浮いている」状態で表示されます。このようなキーボードのことをフローティング(またはフローティングキーボード)と呼びます。

今回はPixelシリーズにプリインストールされているGboardを例にします。

フローティングを設定するやり方

  1. Gboardのツールバーより【(4つの四角のボタン)】をタップします。
    Androidアプリ→Gboard→ツールバー→ボタン

  2. メニューより【(フローティング)】をタップします。
    タップするごとにオン/オフが切り替わります。

    Androidアプリ→Gboard→ツールバー→編集

  3. キーボードがフローティングします。
    下の[-]をドラッグすると位置を自由に変更できます。

    Androidアプリ→Gboard→フローティング

フローティングを設定するやり方は以上です。

頻繁にオン/オフを切り替えるようであれば、ツールバーにアイコンを配置すると使い勝手が良いかもしれません。

AndroidスマホでGboardのツールバーをカスタマイズする方法
Gboardには様々な機能を実行するアイコンが並んだ【ツールバー】が配置されています。ツールバーに並んでいるアイコンはユーザーによって変更することができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。