当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで開発者向けオプションを使う方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンには[開発者向けオプション]と呼ばれる隠しメニューがあります。一般のユーザーにはあまり必要ない設定であることからデフォルトでは[非表示]となっていることが多いですが、所定の手順を踏むことで[表示]させることができます。

開発者向けオプションとは?

その名の通り「開発者向け」の様々なオプション(設定項目)をまとめた画面です。

設定では変更できない項目の操作が可能になっており、通常の利用では使う必要が無いので所定の手順を踏まないと表示されないようになっています。

特に何の問題も無く利用しているのであれば、わざわざ表示させる必要はありません。また、様々な項目を設定することができますが、トラブルの元となるので不必要に変更しないようにしましょう。

開発者向けオプションを開くやり方

  1. 設定より【システム】を選択します。
    Pixel→Android 13→設定

  2. システムより【開発者向けオプション】を選択します。
    表示されていない場合には有効にする手順が必要です。

    Pixel→Android 13→設定→システム

開発者向けオプションを開くやり方は以上です。

開発者向けオプション
「開発者向けオプション」の記事一覧です。

有効にするやり方

  1. 設定より【デバイス情報】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. デバイス情報より【ビルド番号】を連続(7回程度?)でタップすると、同じ画面上に「開発者になりました!」とトーストが数秒間だけ表示されます。
    比較的に古いバージョンでは【Androidバージョン】>【ビルド番号】を操作します。

    Pixel→Android 13→設定→デバイス情報

有効にするやり方は以上です。

無効にするやり方

  1. 開発者向けオプションより【開発者向けオプションの使用】をオフにします。
    Pixel→設定→システム→開発者向けオプション

無効にするするやり方は以上です。

開発者向けオプションは、その名の通り開発者向けの項目がたくさんありますが、中には一般ユーザーにも便利な機能があります。

開発者向けオプション
「開発者向けオプション」の記事一覧です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。