当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホでおやすみモードを設定する方法

Androidスマートフォン Android

夜中だろうと気にすることなく[電話]や[メール]をしてくる人や、アプリから[通知]が届いて安眠できない人も多いでしょう。Androidスマートフォンには[おやすみモード(Digital Wellbeing)]の機能が搭載されており、指定した時刻に着信や通知が鳴らないよう制御することができます。

おやすみモードとは?

指定した時刻の間だけ[着信]や ”通知]が鳴らなくなるモードをおやすみモード(Digital Wellbeing)と呼びます。

おやすみモードの開始時刻を就寝予定時刻などに指定しておけば、就寝時に着信や通知で睡眠を邪魔されなくなり、終了時刻を起床予定時刻などに指定しておけば、自動的に通常の設定に戻ります。また、薄暗い部屋でも見やすいように画面を変化させることも可能です。

ただ、設定が少し複雑なのと生活が不規則で対応しきれない場合は、[ふせるだけでサイレントモードをオン]を使うと良いかもしれません。

Androidスマホのサイレントモードを設定する方法
Androidスマートフォンをマナーモードに設定すると着信音を鳴らさずに振動(バイブレーション)によって着信を知らせてくれるようになりますが、場合によってバイブレーションも不要であれば、これを無しに設定することもできます。

おやすみモードを設定するやり方

  1. 設定より【Digital Wellbeingと保護者による使用制限】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. Digital Wellbeingと保護者による使用制限より【おやすみ時間モード】をタップします。
    初回のみチュートリアルが表示される場合がありますが、後から変更できるので任意に選択して問題ありません。

    Pixel→Android 13→設定→Digital Wellbeing

  3. おやすみ時間モードより各項目(時間や曜日など)を設定します。
    初回のみチュートリアルが表示される場合がありますが、後から変更できるので任意に選択して問題ありません。

    Pixel→Android 13→設定→Digital Wellbeing→おやすみ時間モード

おやすみモードを設定するやり方は以上です。

夜間モード(ナイトライト)も併用すると睡眠の質が向上するかもしれません。

Androidスマホで黄色みがかった画面表示の色を切り替える方法
Androidスマートフォンには[夜間モード(ナイトライト)]と呼ばれる機能が搭載されており、指定した時刻になると「画面が黄色みがかった色になる」と言うことが起こります。これは設定によってオフにしたり、切り替わる時間を変えることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。