当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

キャリアメールに代わるものとは?

Androidスマートフォン Android

日本ではNTTドコモをはじめauやソフトバンクなどが[メールサービス(キャリアメール)]を早くから提供してきたために主流でしたが、昨今では様々な代替サービスがあるため、脱キャリアメールしても良いのかもしれません。

キャリアメールとは?

NTTドコモをはじめauやソフトバンクなどの携帯電話会社(キャリア)から提供されているメールサービス(メールアドレス)のことをキャリアメールと呼びます。

日本ではガラケーのことから使われており、スマートフォンが主流となった昨今では引き続き使い続けている人も少なくないでしょうが、独自の進化を遂げている部分もあり、スマートフォンでは使いにくい部分もあります。

ただ、キャリアメールは迷惑メールの標的になりやすく、迷惑メール対策によって「パソコンからのメールが届かない」などのトラブルが発生しやすいことから、キャリアメール同士でのやり取りが必要になり、「キヤリアメールを手放せない」と言うことになりやすいです。

キャリアメールとEメールの違いとは?
携帯電話でのキャリアメールが浸透している日本ではEメールの基本的な使い方を知らない人が多く居ます。MVNOが浸透してきている昨今、Eメールの使い方を今一度確認しておきましょう。

キャリアメールを使わなくなってきた?

とは言え、昨今ではキャリアメールに代わる手段が様々にあり、若年層を中心に使われていることが多いようです。

Eメール

スマートフォンを所有している人であれば誰もがキャリアメールではないEメールアドレスを持っています。

iPhoneユーザーであればApple IDに紐づく[iCloudメール]、AndroidユーザーであればGoogleアカウントに紐づく[Gmail]を所有しているので、[メール]アプリや[Gmail]アプリを使えばメールの送受信が簡単に行えます。

ちなみにGoogleアカウントはiPhoneユーザーでも使うことができます。

iPhoneでGoogleアカウントを使う方法
iPhoneを使う上で[Googleアカウント]は必須ではありませんが、アカウントを設定すれば【Gmail】【Googleコンタクト(連絡先)】【Googleカレンダー】などを同期することができます。

SMS

日本では[二段階認証]で使われることの多いSMSは、もともと「電話番号でメッセージをやり取りする」ためのサービスです。

電話番号がわからない相手には送信できませんが、電話番号しか知らない相手にはわざわざ電話することなくメッセージを送ることができます。

ただ、デメリットとしては料金が発生してしまう場合があるのが欠点でしょう。

電話番号にメッセージを送るSMSとは?
NTTドコモでは「ショートメール」、auでは「Cメール」、ソフトバンクでは「SMS」と呼ばれるメッセージ機能は、携帯電話・スマートフォンの電話番号がわかれば、メールアドレスを知らなくてもテキストでメッセージの送信・受信をすることが可能です。
SMSに代わる新しいメッセージサービス「RCS」とは?
電話番号のみでテキストメッセージのやり取りを行う機能と言えば[SMS]が有名ですが、それに代わる新しいメッセージサービス[RCS]が登場しました。日本国内ではNTTドコモやauにソフトバンクなどから[+メッセージ]としてサービスが提供されて...

メッセンジャーアプリ

比較的に利用者が多いのが[LINE]などのメッセンジャーアプリです。

[友だち追加(友だち登録)]したユーザーとのみメッセージのやり取りが行え、その気軽さゆえにユーザーが多い連絡手段でしょう。

ただ、相手も同じメッセンジャーアプリを利用している必要があるのが欠点でしょう。

その他のSNS

昨今では[メール][SMS][メッセンジャーアプリ]に代わり【Twitter】や【Instagram】などを使ってコミュニケーションをとる人も少なくないようです。

キャリアメールを使わないメリット

MNPに続きメール持ち運びのサービスも提供されているため、キャリアを変えても「電話番号とメールアドレスが変わらない」と言うことができるようになりました。

ただ、数百円とは言え料金が発生したりメール設定を自身で行う必要があったりと、不慣れな人には簡単にできることではないのかもしれません。

そのため、キャリアメールを使わない選択をすれば、自由にキャリアを選択することができ、サブブランド(ahamo、povo、LINEMOなど)や格安SIM(IIJmioなど)と言ったサービスを利用して月々の料金を安くすることができます。

Android
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。