当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

AndroidスマホでWi-Fiのパスワードを共有する方法

Androidスマートフォン Android

Wi-Fiに接続するためには[SSID]や[パスワード]などの接続情報が必要となりますが、Android 10より[二次元コード]を使って接続情報を他デバイスへ共有することができます。

接続情報を共有

Android 10よりWi-Fiの接続情報を二次元コード化する機能が搭載されました。

これにより、知人・友人のデバイスや新しく購入したデバイスなどをWi-Fiに接続する場合に、パスワードを入力する必要が無く簡単に接続することができます。

ちなみに、二次元コードの表示はAndroid 10以上でしかできませんが、接続するデバイスはAndroid 10以上である必要は無くAndroid 9などでも可能です。

二次元コードを表示するやり方

バージョンによって項目が異なる場合があるので、見当たらなければ 検索 をしてみてください。
  1. 設定の[ネットワークとインターネット]>[インターネット]より【(対象のアクセスポイント)(歯車)】を選択します。
    過去に接続したことのあるアクセスポイントの場合は【インターネット】>【保存済みネットワーク】から選択します。

    Pixel→Android 13→設定→ネットワークとインターネット→インターネット

  2. ネットワークの詳細より【共有】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定→ネットワークとインターネット→インターネット→ネットワークの詳細

  3. Wi-Fiの共有より二次元コードが表示されます。
    Pixel→Android 13→設定→ネットワークとインターネット→インターネット→ネットワークの詳細→Wi-Fiの共有

接続情報の二次元コードを表示するやり方は以上です。

表示された二次元コードを他デバイスのカメラで読み込めば対象SSIDのWi-Fiに接続することができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。