当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで「悪意のあるトラッカー」を警告する方法

Android 14→ロゴ Android

スマートタグ(AirTagなど)と言った「トラッカー」は忘れ物などを防止するために役に立ちますが、悪意を持って使うことも可能であるため「見知らぬトラッカー」には注意が必要です。Androidスマートフォンでは、そのようなトラッカーを発見する仕組みが備わっています。

トラッカーとは?

[鍵]や[カバン]などに取り付けて、紛失などの際に「場所を特定するためのタグ」をトラッカーと呼びます。

仕組みを簡単にすると、「トラッカーが信号を発信する」>「周囲のデバイスが信号を受け取り位置情報を送信する」>「所有者が位置情報を確認する」と言うようになりトラッカーの位置を確認することができます。

ただ、これを悪用すると「他人の居場所を特定する」などと言うことができてしまうため、昨今では悪用を防ぐ様々な仕組みが導入されており、Androidスマートフォンでも不明なトラッキングアラートが通知されるようになっています。

不明なトラッキングアラートの使いかた

  1. 設定より【セキュリティとプライバシー】>【デバイスを探す】>【不明なトラッキングアラート】を開きます。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 不明なトラッキングアラートより【アラートを許可】がオンであることを確認します。
    Pixel→設定→セキュリティとプライバシー→デバイスを探す→不明なトラッキングアラート

  3. 不明なトラッキングアラートより【スキャンを開始】をタップすると手動でスキャンできます。
    Pixel→設定→セキュリティとプライバシー→デバイスを探す→不明なトラッキングアラート

不明なトラッキングアラートの使いかたは以上です。

アラートの通知が表示されたら?

通知より「地図を開く」「音を鳴らす」といったことできる場合には必要に応じて操作します。

人込みなどでは誤作動も考えられるで、ある程度の距離をとってから手動で再スキャンをしてみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。