当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのSafariで各バーの表示を切り替える方法

iPhone iPhone

Safariでは画面の上下に[アドレスバー]や[ツールバー]が表示されていますが、これらのバーは閲覧中に自動で消えたり、手動で消すことができます。また、逆に任意に表示させることもできます。

消えるバー

Safariでは、Webサイトの閲覧中に「画面を広くする」ためなのか[アドレスバー]と[ツールバー]が隠れるようになっています。

これらのバーは、Webページをスクロールすることで消えるようになっていますが、スクロールさせなくとも手動で消すことができるようになっています。

また、消えた(消した)バーは、手動で再表示させることができるので、表示/非表示を簡単に切り替えることができます。

各バーを消すやり方

  1. アプリの[アドレスバー]より【AA(ぁあ)】をタップします。
    iPhoneアプリ→Safari

  2. メニューより【ツールバーを非表示】を選択します。
    iPhoneアプリ→Safari

  3. 画面から[アドレスバー]や[ツールバー]が消えます。
    iPhoneアプリ→Safari

各バーを消すやり方は以上です。

各バーを表示するやり方

  1. アプリの画面上部より【バー】をタップします。
    アドレスバーの代わりにドメインが表示されている部分です。

    iPhoneアプリ→Safari

  2. 画面に[アドレスバー]や[ツールバー]が表示されます。
    iPhoneアプリ→Safari

各バーを表示するやり方は以上です。

少し勢いをつけてスクロールさせても再表示されますが、これが意外と難しく再表示されなかったり誤ってタップしてして画面遷移したりするので、ワンタップでできるほうがストレスが無いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。