当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのSafariで「リンク」を「アプリ」に関連付ける方法

iPhone iPhone

X(Twitter)やYouTubeなどWebブラウザとアプリの両方で利用できるサービスの場合、Safariブラウザでリンクをタップした際にアプリでは無く「Webブラウザで開く」と言う挙動になることがありますが、これを「アプリで開く」ようにすることができます。

リンクとアプリ

iPhoneには「リンクをクリックした際にアプリを起動する」と言う機能が搭載されており、これをユニバーサルリンクと呼びます。これはWindowsなどで言うところの関連付けによく似た挙動です。

このユニバーサルリンクは[リンク]と[アプリ]が固定されているわけでは無く、ユーザーが最後に使ったアプリが関連付けられるようで意図的に「Webブラウザで開く」と操作すると、以後もWebブラウザで開くようになります。

このため、再び「アプリで開く」ようにするには、「(アプリ名)で開く」と言う操作をする必要があります。

アプリで開くやり方

  1. Safariより【(対象のリンク)】をロングタップします。
    iOSアプリ→Safari

  2. メニューより【”X” で開く】や【”YouTube” で開く】などをタップします。
    リンクによっては表示されない場合もあるようなので、その時は別のリンクで試してみてください。

    iPhone→Safari→リンク→メニュー→X(Twitter)

アプリで開くやり方は以上です。

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。