当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Apple Watchで「バッテリー充電の最適化」を設定する方法

Apple Watch Apple Watch

Apple WatchにもiPhoneと同様に[バッテリー充電の最適化]の機能が搭載されています。フル充電の時間が短くなるようにしてくれるので、「就寝時に充電している」と言う人は、機能をオンにしておくとバッテリーの劣化を抑えられるかもしれません。ただし、場合によっては「バッテリーが100%にならない」「バッテリーが80%で止まる」と言った弊害があるので注意してください。

バッテリーの充電と劣化

Apple Watchに使われているリチウムイオン電池は「フル充電の状態にしておくと劣化する」と言われており、充電が完了したらすぐに停止するのが推奨されています。

しかし、就寝中などに充電を行っていると何時間もフル充電の状態になってしまうので、Apple Watchではバッテリー充電の最適化と呼ばれる機能によって習慣を記録しフル充電の時間が短くなるように調節が行われるようになっています。

また、[80%]までは通常通りに充電を行い、それ以降は毎日の傾向を元に使い始める直前に[100%]になるように充電量を調節するので、イレギュラーな起床をした場合でも充電時間が充分であれば80%以上に充電された状態で使い始めることができます。

バッテリー充電の最適化を設定するやり方

普段から長い時間を過ごしている場所(自宅や職場など)でしか働かないようになっているため、事前に位置情報の設定が必要です。

位置情報の設定をする

  1. Apple Watchより【設定】を開きます。
    変更できない場合はiPhoneの設定を変更してみてください。
    Apple Watchの設定を開く方法
    Apple WatchもiPhoneと同様に[設定]アプリから各種の設定を行うことができます。Apple Watch本体からはもちろん、iPhoneの[Watch]アプリからも操作ができるので、やり易い方を選ぶと良いでしょう。
    iPhoneで設定アプリの使いかた
    iPhoneでは、本体の設定を変更するのに[設定]アプリを用います。特に難しいことはありませんが、各アプリの設定も同じ[設定]アプリで行う場合があるので、「設定が見当たらない」と言う場合には見直してみると良いでしょう。
  2. [プライバシーとセキュリティ]>[位置情報サービス]より【位置情報サービス】をオンにします。
    Apple Watch→watchOS 10→設定→プライバシーとセキュリティ→位置情報サービス

  3. [位置情報サービス]>[システムサービス]より【システムカスタマイズ】をオンにします。
    Apple Watch→watchOS 10→設定→プライバシーとセキュリティ→位置情報サービス→システムサービス

  4. [システムサービス]>[利用頻度の高い場所]より【利用頻度の高い場所】をオンにします。
    Apple Watch→watchOS 10→設定→プライバシーとセキュリティ→位置情報サービス→システムサービス→利用頻度の高い場所

バッテリー充電の最適化を変更する

  1. Apple Watchより【設定】を開きます。
    Apple Watchの設定を開く方法
    Apple WatchもiPhoneと同様に[設定]アプリから各種の設定を行うことができます。Apple Watch本体からはもちろん、iPhoneの[Watch]アプリからも操作ができるので、やり易い方を選ぶと良いでしょう。
  2. 設定より【バッテリー】>【バッテリーの状態】をタップします。
    Apple Watch→watchOS 9→設定

  3. バッテリーの状態より【バッテリー充電の最適化】のオン/オフを切り替えます。
    Apple Watch→watchOS 10→設定→バッテリー→バッテリーの状態

バッテリー充電の最適化を変更するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。