当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsのWebブラウザでマウスジェスチャを使う方法

Windows 11→Microsoft Edge→マウスジェスチャ Windows

Webブラウザの「戻る」「進む」「タブを閉じる」などの操作はツールバーのボタンをクリックするのが一般的ですが、Windows 11やWindows 10にプリインストールされているMicrosoft Edgeではマウスの動きで操作することもできます(マウスジェスチャ)。これは拡張機能(アドオン)では無く標準の機能です。

マウスジェスチャとは?

マウスの動きによって特定のアクションを実行する機能をマウスジェスチャと呼びます。

拡張機能(アドオン)にって実現されることの多い機能ですが、Windows 11やWindows 10にプリインストールされているMicrosoft Edgeでは標準で搭載されています。

ただ、デフォルトでは機能がオフになっているので設定よりオンに切り替える必要があります。

マウスジェスチャの使いかた

有効にする

  1. Microsoft Edgeより【三点リーダー)】>【設定】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 設定の[外観]>[ブラウザーのカスタマイズ]より【マウスジェスチャを有効にする】をオンにします。
    Windows 11→Microsoft Edge→設定→外観→ブラウザーのカスタマイズ

ジェスチャのアクションを設定する

  1. 設定の[外観]>[ブラウザーのカスタマイズ]より【マウスジェスチャの構成】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→設定→外観→ブラウザーのカスタマイズ

  2. マウスジェスチャの構成より[ジェスチャのアクションを構成する]を任意に変更します。
    Windows 11→Microsoft Edge→設定→外観→ブラウザーのカスタマイズ→マウスジェスチャの構成

ジェスチャで操作する

  1. Microsoft Edge上で、マウスを[右クリック]しながら[ジェスチャ]を行います。
    ジェスチャを間違えた場合は、いずれにも当てはまらないジェスチャ(グルグル回すなど)をすれば「ジェスチャが無効です」となりキャンセルすることができます。

    Windows 11→Microsoft Edge

  2. マウスから指を離すと[アクション]が実行されます。
    Windows 11→Microsoft Edge→マウスジェスチャ

マウスジェスチャの使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。