当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsのWebブラウザで「お気に入り」を使う方法

Windows 11→Microsoft Edge Windows

検索などをすれば目的のWebサイトやWebページをすぐに見つけることができますが、中でも気に入ったWebページや何度もアクセスするWebサイトは【お気に入り(ブックマーク)】へ登録しておくと「あとで読む」と言ったことが簡単に行えます。また、初期化などで消えてしまわないよう【バックアップ(エクスポート/インポート)】も忘れないようにしましょう。

「お気に入り」とは?

Webブラウザにて「あとで読みたい」と言ったWebページ(Webサイト)を保存しておくための機能を一般的にブックマークと呼びますが、Windowsでは古くからお気に入りと呼称しています。

WindowsにプリインストールされているMicrosoft EdgeではMicrosoftアカウントで同期していればクラウドに保存されていますが、同期していない場合は初期化などによって消えてしまいます。

そのため、バックアップしたい場合には手動でエクスポートし保存しておき、元に戻したい場合にはインポートする必要があります。

ブックマークするやり方

  1. Microsoft Edgeの[アドレスバー]より【☆】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→ツールバー

  2. 「お気に入りが追加されました」より[名前][フォルダー]などを変更し【完了】をクリックします。
    対象のページを開いているときに【★】をクリックすると再表示され編集(削除など)することができます。

    Windows 11→Microsoft Edge→ツールバー→お気に入りが追加されました

ブックマークするやり方は以上です。

ブックマークから開くやり方

  1. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【お気に入り】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 「お気に入り」より【対象のブックマーク】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→ツールバー→お気に入り

ブックマークから開くやり方は以上です。

バックアップするやり方

エクスポートする

  1. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【お気に入り】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 「お気に入り」の[]より【お気に入りのエクスポート】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→お気に入り→メニュー

  3. 名前を付けて保存より任意の場所に保存します。
    Windows 11→名前を付けて保存

インポートする

  1. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【お気に入り】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 「お気に入り」の[]より【お気に入りをインポートする】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→お気に入り→メニュー

  3. 設定の[プロファイル]>[ブラウザーデータのインポート]>[他のブラウザーからインポートする]より【インポートする項目を選択してください】をクリックします。
    Windows 11→設定→プロファイル→ブラウザーデータのインポート

  4. ブラウザーデータのインポートより[インポート元]>【お気に入りまたはブックマークのHTMLファイル】を選択し【ファイルの選択】をクリックします。
    Windows 11→設定→プロファイル→ブラウザーデータのインポート→他のブラウザーからインポートする→お気に入りまたはブックマークのHTMLファイル

  5. ファイルを選択し【開く】をクリックします。
    Windows 11→ダイアログ→開く

  6. 問題が無ければ【完了】をクリックします。
    Windows 11→設定→プロファイル→ブラウザーデータのインポート→他のブラウザーからインポートする→お気に入りまたはブックマークのHTMLファイル

バックアップするやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。