当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsで常駐アプリを確認・停止する方法

Windows 11→タスクトレイ→常駐アプリ Windows

Windowsと同時に起動する常駐アプリは、必要なアプリであれば問題ないですが中には「なぜ常駐しているのか」や「自分には必要ない」と言ったアプリも少なくありません。必要なアプリだけを残して不必要なアプリは起動しないようにした方がパフォーマンスの向上が期待できるかもしれません。

常駐アプリとは?

Windows 11やWindows 10を「起動した」やユーザーが「ログインした」などのタイミングで、「自動的に起動」し「タスクトレイにアイコンが表示される」ようなアプリを常駐アプリと呼びます。

常駐アプリは「バックグラウンドで動作している」「ユーザーの操作を待っている」ような状態であり、主に【ウィルス対策ソフト】や【クラウドストレージアプリ】などが表示されていることが多いです。

常駐アプリが多くなると「パソコンの起動が遅い」「パソコンの動作が重い」などパフォーマンスに影響することもあるので、必要なものだけ常駐するようにした方が良いでしょう。

確認するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 常駐しているアプリは右下のタスクトレイに表示されます。また、【】が表示されている場合はクリックします。
    Windows 11→タスクトレイ→常駐アプリ

  2. 隠れている常駐アプリが表示されます。
    Windows 11→タスクトレイ→常駐アプリ

確認するやり方は以上です。

停止させるやり方

アプリを終了する

このやり方は、次回の起動時に再び起動するので、一時的に停止させたい場合に有効です。以降も起動させたくない場合は後述する【自動起動させない】を実行します。
  1. 常駐アプリの[アイコン]を右クリックします。
    Windows 11→タスクトレイ→常駐アプリ

  2. メニューより【終了】や【Exit】などをクリックします。
    アプリによって表記が異なります。また、「終了できないアプリ」や「別途にメニューの表示が必要なアプリ」もあるので注意してください。

    Windows 11→タスクトレイ→常駐アプリ

自動起動させない

  • アプリの[設定]より【パソコンにログインする際に〇〇を起動する】などをオフにします。
    アプリによって操作は異なります。項目が無い場合は次の【スタートアップ】を確認します。

    Windows 11→Googleドライブ→設定

  • Windowsの[設定]などから【スタートアップ】をオフにします。
    【パソコンにログインする際に〇〇を起動する】などが無い場合に確認します。

    Windows 11→設定→アプリ→スタートアップ

停止させるやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。