当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windows 11で「Windows Subsystem for Android」を使う方法

デスクトップ Windows

Windows 11では[Amazonアプリストア]をダウンロード&インストールすると[Windows Subsystem for Android]によってAndroidアプリを実行することができます。また、いわゆる野良アプリをインストールすることもできます。

Amazonアプリストアとは?

Androidアプリをダウンロード&インストールするにはGoogle Playを使うのが一般的ですが、これは必須では無く別のアプリストアを使うことも可能で代表的なのがAmazonアプリストアです。

Windows 11ではWindows Subsystem for Androidと呼ばれる仕組みによって「Androidアプリを動かす」と言うことができますが、Androidアプリのダウンロード&インストールにAmazonアプリストアを用います。

このため、Microsoft Storeから【Amazonアプリストア】をダウンロード&インストールすることで、必要な[Windows Subsystem for Android]や[仮想化]の機能が自動的にセットアップされます。

Amazonアプリストアの使いかた

ダウンロード&インストールするやり方

  1. Microsoft Storeより【Amazonアプリストア】をダウンロード&インストールします。
    Windows 10→Microsoft Store

  2. Amazonアプリストアより画面の指示に従ってセットアップを続けます。
    最後に再起動が行われます。

    Windows 11→Amazonアプリストア

  3. Amazonアプリストアより【(任意のAndroidアプリ)】をダウンロード&インストールします。
    Windows 11→Amazonアプリストア

Androidアプリを起動するやり方

  1. Windowsのすべてのアプリより【(任意のAndroidアプリ)】を選択します。
    Windows 11→スタートメニュー→すべてのアプリ

Amazonアプリストアの使いかたは以上です。

野良アプリをインストールするには?

Amazonアプリストアには全てのアプリが掲載されているわけではありません。

このため、自分の使いたいアプリが無い場合には、自分自身でAPKファイルを入手すれば、手動でインストールすることもできます。

ただし、動作しないアプリもあるので注意してください。

AndroidアプリのAPKを入手する方法【まとめ】
Androidアプリは[APK]と呼ばれるファイル形式で扱うことができます。このAPKファイルは「Google Play以外からダウンロードする」「Androidスマホから抜き出す(コピーする)」と言ったことができます。取得したAPKファイ...
この記事は一部イレギュラーな内容を含んでいます。したがって、すべて自己責任にて行い何がおきても一切の責任は負いません。

設定するやり方

  1. [ADBコマンド]を使えるようにします。
    WindowsでADBを使えるようにする方法
    Androidスマートフォンにはパソコンなどと通信するための[コマンドラインツール]があります。これを使うと通常では「できない」ことが「できる」ようになったりするので、必要に応じて使うと良いでしょう。
  2. Windowsの[すべてのアプリ]より【Android用Windowsサブシステム】を起動します。
    Windowsで「すべてのアプリ」を表示する方法
    Windowsのデスクトップには[ショートカットアイコン]を配置するのが一般的であり、インストール済みアプリは別に一覧を表示できるようになっています。
  3. Android用Windowsサブシステムの[詳細設定]より【開発者モード】のオン/オフを切り替えます。
    オンの場合、接続に必要なIPアドレスとポートが表示されるので確認します([127.0.0.1:12345]など)。表示されない場合は【開発者向け設定の管理】をクリックするか【(任意のアプリ)】起動し【開発者モード】のオン/オフを切り替えると表示される場合があります。

    Windows 11→Windows subsystem for Android→設定→詳細設定

  4. Android用Windowsサブシステムの[開発者向け設定の管理]より【開発者向けオプションの使用】および【USBデバッグ】がオンであることを確認します。
    Windows 11→Windows subsystem for Android→設定→詳細設定

インストールするやり方

  1. Windowsの[すべてのアプリ]より【Minimal ADB and Fastboot】を起動します。
    Windowsで「すべてのアプリ」を表示する方法
    Windowsのデスクトップには[ショートカットアイコン]を配置するのが一般的であり、インストール済みアプリは別に一覧を表示できるようになっています。
  2. コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行し接続します。
    adb connect [IPアドレス:ポート]
    

    例えば

    adb connect 127.0.0.1:12345
    
  3. コマンドプロンプトより以下のコマンドを実行しインストールします。
    Windowsで「コマンドプロンプト」に「ファイルパス」を入力する方法
    Windowsの[コマンドプロンプト(Windows PowerShell)]はキーボードだけで入力を行うことが多いですが、[ファイルパス]のように長い文字列の場合には、マウスでの操作を行った方が簡単に入力できます。
    adb install [ファイルパス]
    

    例えば

    adb install C:\Users\username\Downloads\apkname.apk
    
  4. インストール結果に[Success]と表示されたら完了です。
    Success
    
    C:\Program Files (x86)\Minimal ADB and Fastboot>
    

野良アプリをインストールするやり方は以上です。

WindowsでAndroidアプリを動かす方法【まとめ】
WindowsでAndroidアプリを動作させるには、主に「Microsoft製」「Google製」「サードパーティー製」の3つがあります。それぞれに特徴や制約があるので、「動かない」と言った場合でも別の手段を用いると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。