当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホでロケーション履歴を利用する方法

Androidスマートフォン Android

GPSなどの位置情報サービスを搭載したAndroidスマートフォンでは「いつ、どこに行ったのか」がログとして記録し、あとから見返すことができるようになっています。

ロケーション履歴とは?

Googleアカウントによるサービスの1つで、スマートフォンなどに搭載された位置情報(GPSなど)を記録し、その名の通り履歴として残してくれるサービスです。

このロケーション履歴を利用すると、地域に関連した[検索結果(近くのレストランなど)]が表示されたり、場所に基づいた[おすすめ情報]や[天気]などが表示されたりします。もちろん、行動を「追跡されたくない」と言う場合にはオフにすることも可能です。

Androidスマートフォンを例にしますが、各アプリをダウンロード&インストールすればiPhoneでも利用することができます。

ロケーション履歴を設定するやり方

  1. [Google]アプリより右上の【(ユーザーアイコン)】をタップします。

    Androidアプリ→Google

  2. メニューより【Googleアカウントを管理】をタップします。

    Androidアプリ→Google→メニュー

  3. Googleアカウントより【データとプライバシーを管理】をタップします。

    Androidアプリ→Google→アカウント→ホーム

  4. データとプライバシーより【ロケーション履歴】をタップします。

    Androidアプリ→Google→アカウント→データとプライバシー

  5. アクティビティ管理の[ロケーション履歴]より【オンにする】【オフにする】をタップします。

    Androidアプリ→Google→アカウント→データとプライバシー→アクティビティ管理

ロケーション履歴を設定するやり方は以上です。

ロケーション履歴を確認するやり方

[Googleマップ]アプリを例としますが、Web版でも同様のことができます。
  1. [Googleマップ]アプリより右上の【(ユーザーアイコン)】をタップします。

    Androidアプリ→Googleマップ

  2. メニューより【タイムライン】を選択します。

    Androidアプリ→Googleマップ→アカウント

  3. タイムラインより確認できます。

    Androidアプリ→Googleマップ→タイムライン

ロケーション履歴を確認するやり方は以上です。

日頃の利用はもちろんですが、旅の記録などに利用し見返すと楽しいかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。