当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで「アプリの自動アーカイブ」を設定する方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンには、内部ストレージの空き容量が足りない時に「アプリの一部を自動的に削除して容量を空ける」と言う機能(アプリの自動アーカイブ)が搭載されています。必要な時にオン/オフのポップアップが表示されますが、手動でも切り替えることができるので選択を誤った場合でも後から変更できます。

アプリの自動アーカイブとは?

内部ストレージの空き容量が足りない時に「アプリの一部を自動的に削除して容量を空ける」と言う機能をアプリの自動アーカイブと呼びます。

アーカイブされたアプリであっても「アプリのアイコン」「ユーザーデータ」は削除されないので、アプリを再度インストールすれば元の状態で使い始めることができます。

オン/オフは「内部ストレージの空き容量が足りない」「新たにアプリをインストールする(更新する)」と言った場合にポップアップで案内されるほかにも、Google Playストアより手動でオン/オフを切り替えることができます。

Google Playストアから変更するやり方

  1. Google Playより【(自分のアイコン)】を選択します。
    Androidアプリ→Google Play→ゲーム

  2. アカウントより【設定】を選択します。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント

  3. 設定の[全般]より【アプリの自動アーカイブ】のオン/オフを切り替えます。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント→設定

アプリの自動アーカイブを変更するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。