当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホを「活動量計」にする方法

Androidスマートフォン Android

腕時計タイプで販売されていることが多い【活動量計】ですが、Androidスマートフォンでも搭載されているセンサー類を活用して[カロリー]や[歩数][距離]などを自動的に測定してくれます。

活動量計とは?

日々の運動量を測定するデバイスで、腕時計のように身に着けるタイプが多いですが、クリップなどで身に着けるタイプもあります。測定できる項目はデバイスによって異なりますが、主に[カロリー]や[歩数][距離]などがあります。

Androidスマートフォンのように持ち歩くデバイスは活動量計としてピッタリであり、搭載されている複数のセンサーを活用して[アクティビティ(カロリーや時間など)][距離][歩数]など様々な項目を測定することができ、データはGoogle Fitアプリで確認できます。

ただし、初期設定をしないと計測されないので注意が必要です。

Google Fitの使いかた

初期設定するやり方

  1. Google Playより【Google Fit】をダウンロード&インストールします。
    Google Fit: アクティビティ記録 - Google Play のアプリ
    健康管理を始めましょう。Google Fit が目標の達成をお手伝いします。
  2. アプリより【(アカウント名)で続行】をタップします。
    Androidアプリ→Google Fit

  3. 画面の指示に従って操作します。
    Androidアプリ→Google Fit

  4. アプリの[プロフィール]より【アクティビティの目標】【基本情報】などを入力します。
    Androidアプリ→Google Fit→プロフィール

データを確認するやり方

  1. アプリの[ホーム]より【(対象の項目)】をタップします。
    [ホーム]に表示されるは「アクティビティの目標までの達成度」を表しており、目標に近づくにつれ円が完成していきます。

    Androidアプリ→Google Fit→ホーム

  2. 対象の項目の詳細が表示されます。
    Androidアプリ→Google Fit→ホーム

データを編集するやり方

[運動]の他にも[体重]と言った身体測定の値を入力することができます。
  1. アプリの[参照]より【(対象の項目)】をタップします。
    Androidアプリ→Google Fit→参照

  2. 対象の項目より【+】をタップします。
    値を変更する場合は【(対象の値)】をタップします。

    Androidアプリ→Google Fit→参照

  3. 値を入力します。
    Androidアプリ→Google Fit→参照

エクササイズを追加するやり方

  1. アプリの[ホーム]より【+】をタップします。
    Androidアプリ→Google Fit→ホーム

  2. メニューより【エクササイズの管理】をタップします。
    Androidアプリ→Google Fit→ホーム→メニュー

  3. [アクティビティの種類]を選択し【〇〇の開始】をタップします。
    Androidアプリ→Google Fit→ホーム→エクササイズの管理

Google Fitの使いかたは以上です。

Android
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。