当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホでリフレッシュレートを設定する方法

Androidスマートフォン Android

高リフレッシュレートの機種が増えてきた昨今、所有する人も少なくないかもしれません。対応するAndroidスマートフォンでは、設定より「リフレッシュレートを変更する」「画面上にリフレッシュレートの数値を表示する」ことができます。

リフレッシュレートとは?

ディスプレイが「1秒間に画面を書き換える回数」をリフレッシュレートと呼びます。

単位はHz(ヘルツ)で一般的なディスプレイは60Hzが多いですが、ゲーム用途などに向けて販売されているディスプレイでは120Hzなど高リフレッシュレートとなっています。

Androidスマートフォンでは高リフレッシュレートの機種でも可変な場合があるので、「現在のリフレッシュレート」を知りたい場合には画面上に表示すると良いかもしれません。

Googleが「Pixel 8」と「Pixel 8 Pro」を発表!
Googleは2023年10月04日(現地時間)、「Made by Google」において新スマートフォンでありフラッグシップ機の【Pixel 8】【Pixel 8 Pro】を発表しました。

リフレッシュレートを変更するやり方

  1. 設定より【ディスプレイ】を選択します。
    Pixel→Android 13→設定

  2. ディスプレイより【スムーズディスプレイ】のオン/オフを切り替えます。
    オンだとデバイスの最大値(90Hz/120Hzなど)まで上がるようになります。

    Android 13→設定→ディスプレイ

リフレッシュレートを変更するやり方は以上です。

ただし、コンテンツによって上がるようになるだけで常に最大で表示されるわけではないようです。また、バッテリー使用量が増えるので注意してください。

気になる場合は画面に数値を表示させると良いでしょう。

数値を表示するやり方

  1. 設定より【システム】>【開発者向けオプション】を開きます。
    Pixel→Android 13→設定

  2. 開発者向けオプションより【リフレッシュレートの表示】のオン/オフを切り替えます。
    項目が多いので検索をオススメします。

    Android 12→設定→システム→開発者向けオプション

  3. 画面上にリフレッシュレートの[数値]が表示されます。

    Android 13→リフレッシュレート

リフレッシュレートの表示を切り替えるやり方は以上です。

「1秒間に画面を書き換える回数」であることから、数が大きければ大きいほどスムーズな表示が可能になります。ゲーム以外ではあまり恩恵は得られないことが多いですが、興味があれば対応する機種を購入してみると良いかもしれません。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。