当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

DVD・BDがプレイヤーで再生できないのは何故なのか?

部屋 周辺機器

DVD・BDは、条件によって家庭用プレイヤーなどで再生できないことがあるので注意が必要です。特に自分で撮影した動画から[DVD]や[BD(Blu-ray Disc)]と言った光ディスクを作成するとトラブルが多いです。

DVDやBDの種類

DVDやBDにはデータを保存する信号記録面(信号面/記録面)があり、保存する容量に応じて[1層][2層]など複数の信号記録面が重なっている場合があります。目で見てもわかりにくいですが、映画など一般的に販売されている製品ではパッケージに記載されていることが多いので確認してみると良いでしょう。

また、一般的な家庭でパソコンやレコーダーなどを用いて作成する際に使用するのは[DVD-R(BD-R)]を始め[DVD-R DL(BD-R DL)]や[DVD-RW(BD-RE)]などがあり、-R が付くメディアは「一度だけ書き込みができる」もので、DL と付くメディアは「2層(ダブルレイヤー)」の意味を持つので保存容量が2倍となっています。加えて、-RW-RE は記録されたデータを消去(削除)して繰り返し使うことができます。

「人にあげる」「人から貰う」場合には、一度だけ書き込みができる -R が付くメディアを使うのが一般的でしょう。

TDK DVD-R録画用 日本製 ゴールドプリンタブル 1-8倍速 20枚パック [DVD-R120PGX20U]
TDK DVD-R録画用 日本製 ゴールドプリンタブル 1-8倍速 20枚パック [DVD-R120PGX20U]
 
BD(Blu-ray Disc)では2層の他に3層や4層となったディスクも存在しています。

プレイヤーで再生できない理由は?

2層のメディア

前述したようにDVDでもBDでも2層になったメディアが存在しており、容量が2倍となるため長時間の動画などを記録するのに適しています。

しかし、この2層のメディアはプレイヤーの機種によっては「再生できない」と言ったことが起こります。また、2層のメディアであっても1層目に記録されたデータは読めてしまうことも多いので「途中から再生できなくなった」と言ったトラブルが発生することもあります。

このため、2層などに対応したプレイヤーを使うことで視聴できるようになる場合が多いです。

パナソニック ブルーレイプレーヤー フルHDアップコンバート対応 ブラック DMP-BD90
パナソニック ブルーレイプレーヤー フルHDアップコンバート対応 ブラック DMP-BD90
 
自分でDVDやBDを作成する場合には、特に理由が無い限りは2層のメディアは使わずに1層のメディアを使うようにしたほうが良いかもしれません。

ファイナライズ

TVレコーダー(HDDレコーダーなど)を用いて作成したDVDやBD(Blu-ray Disc)が再生できない理由として良く上げられるのが「ファイナライズしていない」と言うことです。

レコーダーで作成されたDVDやBDは最後に[ファイナライズ]と呼ばれる処理を行わないと、作成したレコーダー以外のプレイヤーでの再生ができない場合があります。

これは、作成したレコーダーなどで[ファイナライズ]をするだけで再生できるようになります。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。