当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsを高精度タッチパッドで操作する方法

デスクトップ Windows

以前のWindowsパソコンではタッチパッドで「カーソルを動かす」「クリックする」ぐらいしかできませんでしたが、Windows 11やWindows 10では【高精度タッチパッド】を用いることで、ジェスチャーによる操作が使えるようになっています。

高精度タッチパッドとは?

タッチパッドは指1本で「カーソルを動かす」「クリックする」と言った操作をするのが一般的でしたが、2本や3本など複数の指を同時に使うことできるタッチパッドを高精度タッチパッドと呼びます。

これにより、スマートフォンのタッチパネルのようにジェスチャーによる操作が可能になり、これまでできなかった操作をマウスを使わずに行うことができます。

手元のパソコンに高精度タッチパッドが搭載されているかは設定より確認することができます。

高精度タッチパッドを設定するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 設定の[Bluetoothとデバイス]より【タッチパッド】をクリックします。
    Windows 10の場合、設定の[デバイス]より【タッチパッド】をクリックします。

    Windows 11→設定→Bluetoothとデバイス

  2. タッチパッドより【タップ】【スクロールとズーム】【3本指ジェスチャ】【4本指ジェスチャ】などの項目を変更します。
    Windows 11→設定→Bluetoothとデバイス→タッチパッド

高精度タッチパッドを設定するやり方は以上です。

不慣れな場合、2本指のジェスチャーだけでも操作性が良くなります。特に「2本の指でタップして右クリックする」「2本の指をドラッグしてスクロールする」を覚えておくだけでも便利です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。