当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windows 11でスクショの挙動をWin10と同様にする方法

Windows 11→PrintScreenキー→Snipping Tool Windows

Windows 10では[PrintScreen(PrtSc/PSc)]キーを押下すると「スクリーンショットを撮る」と言う挙動ですが、Windows 11では「Snipping Toolを起動する」と言う挙動に変更されています。これは設定よりオフにしてWindows 10と同様の挙動に戻すことができます。

PrintScreenキーとは?

Windows 11やWindows 10向けのキーボードにはPrintScreenと刻印されたキーが備わっています。キーボードによってはPrtScPScなど表記が異なる場合もありますが同じキーと考えて問題ありません。

PrintScreenキーは他のキーとの組み合わせによって「全画面のスクリーンショットを撮る」「アクティブウィンドウのスクリーンショットを撮る」と言った挙動が一般的でしたが、Windows 11では「Snipping Toolを起動する」と言う挙動になります。

Snipping Toolは「スクリーンショットを撮るアプリ」であるため目的は一緒ですが、挙動が異なるので戸惑う人も少なくないかもしれません。この挙動は設定よりオフにすることができるので、Windows 11でもWindows 10と同様の挙動に戻すことができます。

PrintScreenキーの挙動を変更するやり方

  1. 設定の[アクセシビリティ]より【キーボード】をクリックします。
    Windows 11→設定→アクセシビリティ

  2. キーボードより【PrintScreenキーを使用して画面キャプチャを開く】をオフにします。
    Windows 11→設定→アクセシビリティ→キーボード

PrintScreenキーの挙動を変更するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。