当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのカメラで位置情報を保存するか設定する方法

iPhone iPhone

iPhoneには位置情報サービス(GPSなど)が搭載されており、カメラで撮影した写真(画像)に「撮影した場所の情報(緯度経度)を保存する」ことができます。これは【ジオタグ】と呼ばれ便利な機能ではありますが、使い方を誤ると個人情報の漏えいにつながるので不要であればオフにしたほうが良いでしょう。

ジオタグとは?

スマートフォンやパソコンなどで閲覧できる[画像]には、撮影した場所の位置情報(緯度経度)を保存できるようになっており、これをジオタグと呼びます。

ジオタグは、カメラと位置情報サービスを利用できるデバイス(スマートフォンなど)では、カメラで撮影するだけで画像に取得した位置情報(緯度と経度)を埋め込むことができるようになっています。

旅の思い出などに利用するには便利な機能ですが、自宅で撮影した場合には「自宅の位置情報」が画像に保存されるので、それを見た第三者に場所が把握されてしまう可能性があるため、特に必要で無い場合には位置情報を利用できないよう設定しておくと安心です。

iPhoneで写真のジオタグを地図で確認する方法
iPhoneなどのスマートフォンでは、位置情報サービス(GPSなど)を使って撮影した写真(画像)の場所を記録する(ジオタグ)ことができますが、記録されたジオタグの位置は[写真]アプリを使って地図に表示させることができます。

ジオタグを保存するか変更するやり方

  1. [設定]>[プライバシーとセキュリティ]>[位置情報サービス]より【カメラ】をタップします。
    プリインストールされている[カメラ]アプリの場合です。その他のアプリを使っている場合には、それぞれのアプリ毎に設定する必要があります。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス

  2. カメラより【しない】【次回または共有時に確認】【このAppの使用中】から選択します。
    特に理由がなければ【許可しない】を選択するのが安心です。

    iPhone→設定→プライバシー→位置情報サービス→カメラ

ジオタグを保存するか変更するやり方は以上です。

昨今では、アップロードされた画像から[ジオタグ]などの情報を自動的に削除する機能を持ったSNSもありますが、不具合などによって削除されないことも考えられので、取り扱いには注意してください。

iPhoneで写真の位置情報を編集する方法
iPhoneでは写真アプリ内に保存されている画像に対して位置情報(ジオタグ)を編集(追加・変更・削除)することができます。「ジオタグを付け忘れた」「SNSにアップする画像からジオタグを削除したい」と言った場合に、操作すると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。