当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneのインターネット共有で周波数を変更する方法

iPhone iPhone

iPhoneのインターネット共有(Wi-Fiテザリング)で使われる周波数は[2.4GHz帯]と[5.0GHz帯]があります。昨今では[5.0GHz帯]を使うようになっていることが多いですが、「上手く繋がらない」と言う場合には[2.4GHz帯]を使うようにすると改善するかもしれません(互換性を優先)。

Wi-Fiの[5.0GHz帯]は、一部の周波数を除き屋外での利用は許可されていませんので、屋内で利用するようにしましょう。

Wi-Fiの周波数とテザリング

電波を使う仕組みには使用できる周波数が定められており、Wi-Fiの場合では主に2.4GHz帯と5.0GHz帯があります。

この2つの周波数帯のうち[2.4GHz帯]は古くから使われていることからデフォルトで選択されている場合が多いですが、昨今では混雑から使用時に「通信できない」「通信速度が遅い」と言った問題が発生することがあります。そこで、比較的に空いている[5.0GHz帯]を使うことが推奨される場面も多々あります。

iPhoneをアクセスポイントとするインターネット共有(Wi-Fiテザリング)も、これまで[2.4GHz帯]が使われることが多かったですが、機種やOSバージョンによっては[5.0GHz帯]が優先されていることがあるようですが、[2.4GHz帯]を使うようにすることもできます(互換性を優先)。

互換性を優先するやり方

  1. 設定より【インターネット共有】をタップします。
    iPhone→設定

  2. インターネット共有より【互換性を優先】のオン/オフを切り替えます。
    挙動ははっきりとしていませんが、オフにすると「5.0GHz帯のみを使用する」や「5.0GHz帯を優先する」など、オンだと「2.4GHz帯のみを使用する」や「2.4GHz帯を優先する」となるようです。

    iPhone→設定→インターネット共有

互換性を優先するやり方は以上です。

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。