当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ubuntuで「隠しファイル」「隠しフォルダー」を使う方法

Ubuntu→ファイル→フォルダー名を変更→隠しフォルダー Linux

Ubuntuを始めとしたLinuxでは、一部のファイル・フォルダーを[隠しファイル][隠しフォルダー]にすることができます。これらのファイルは通常では非表示になりますが、表示/非表示は切り替えられるようになっています。

「隠しファイル」「隠しフォルダー」とは?

隠しファイルとは、Ubuntuに保存された[ファイル]や[フォルダー]のうち、通常では見られないようになっているデータを指します。

無暗に書き換えると「起動しなくなった」などと言ったトラブルが発生する為に、システムに関するデータを保護する目的で隠されていることが多いです。

これはユーザーが作成したファイル・フォルダーも[隠しファイル][隠しフォルダー]にすることができ、加えて表示/非表示を切り替えることができるようになっています。

「隠しファイル」「隠しフォルダー」に変更するやり方

Ubuntuを始めとしたLinuxでは、ファイル・フォルダーの名前の先頭に[.(ドット)]を付けることで「隠しファイル」「隠しフォルダー」となります。

Ubuntu→ファイル→フォルダー名を変更→隠しフォルダー

「隠しファイル」「隠しフォルダー」を解除したい場合にはファイル・フォルダーの名前の先頭から[.(ドット)]を削除します。

「隠しファイル」「隠しフォルダー」を表示するやり方

ファイルアプリ

  1. ファイルアプリより【】をクリックします。
    Ubuntu→ファイル→ホーム

  2. メニューより【隠しファイルを表示】をチェックします。
    非表示にする場合はチェックを外します。

    Ubuntu→ファイル→ホーム→メニュー

端末(ターミナル)

  1. 端末より以下のコマンドを実行します。
    ls -a
    
  2. [隠しファイル][隠しフォルダー]を含むファイル・フォルダーの一覧が表示されます。
                  .config   .sudo_as_admin_successful  ドキュメント
    ..             .gnupg    .wine                      ビデオ
    .bash_history  .lesshst  snap                       ピクチャ
    .bash_logout   .local    ダウンロード               ミュージック
    .bashrc        .profile  テンプレート               公開
    .cache         .ssh      デスクトップ
    

「隠しファイル」「隠しフォルダー」を表示するやり方は以上です。