当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Ubuntuの端末(ターミナル)でファイルをゴミ箱へ入れる方法

Ubuntu→端末(ターミナル) Linux

UbuntuなどのLinuxで端末(ターミナル)からファイル・フォルダーを削除すると[ゴミ箱]へ入ることなく削除されてしまいます。誤って削除した場合に素早く復旧できるよう「端末(ターミナル)でファイルをゴミ箱へ移動する」をやってみました。

ゴミ箱のパス

マウス操作によってファイルを削除した場合はゴミ箱へ移動しますが、ゴミ箱へ入ったファイルは以下のパスにあります。このため、端末(ターミナル)でmvコマンドを使ってファイルを移動させれば良いのではないかと試してみたところ上手くいきませんでした。

$HOME/.local/share/Trash/files/

[Trash]の配下には[files]の他にも[expunged]や[info]などのディレクトリがあり、マウス操作でファイルを削除すると[files]以外のディレクトリにも何かしらの情報が書き込まれているようで、前述したmvコマンドを実行しただけでは不十分なようです。

このため、[Trash]の配下にあるファイル・フォルダーは直接操作するべきではないと思い、素直にtrash-cliを使うことにしました。trash-cliはコマンドラインからゴミ箱を操作するためのコマンド集のようなもので、別途にインストールが必要です。

trash-cliの使いかた

インストールする

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

sudo apt install trash-cli

ゴミ箱の中身を表示する

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

trash-list

ゴミ箱へ移動する

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

trash-put ファイル名

ゴミ箱から元に戻す

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

trash-restore

以下より左の番号を入力します。

   0 2024-01-27 13:38:19 /home/username/デスクトップ/filename1.txt
   1 2024-01-27 13:38:19 /home/username/デスクトップ/filename2.txt
   2 2024-01-27 13:38:19 /home/username/デスクトップ/filename3.txt
What file to restore [0..2]: 

ゴミ箱から削除する

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

trash-rm ファイル名

ゴミ箱を空にする

端末(ターミナル)より以下のコマンドを実行します。

trash-empty

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

anykeyの管理人。

IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。

図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。