当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Web版Google Keepで変更前の内容をダウンロードする方法

Androidスマートフォン ネットワーク

WebブラウザからアクセスできるGoogle Keepに【変更履歴(バージョン管理)】の機能が追加されました。Google Keepは自動保存されるので、一度保存されてしまうと元に戻すことが難しかったですが、変更前の内容を簡単にダウンロードできるようになりました。

バージョン管理とは?

「いつ」「だれが」「どのように変更したのか」などの情報を管理するシステムを一般的に「バージョン管理」などとと呼ぶことがありますが、同様の機能がGoogle Keepに搭載されました(変更履歴)。

Google Keepは「メモを保存する」だけでなく[変更履歴(バージョン管理)]にも対応しているので、誤って変更した場合でも変更前の内容をダウンロードできるようになっています。

ちなみに、2023年10月の現在では[Google Keep]アプリなどは対応しておらず、Webブラウザでのみ利用可能な機能です。

変更履歴の使いかた

  1. Webブラウザより【Google Keep】にアクセスします。
    Windows 10→Chrome

  2. Google Keepより(対象のメモ)を選択します。
    Windows 10→Chrome→Google Keep

  3. 対象のメモより【 三点リーダー)】>【変更履歴】を選択します。
    Windows 10→Chrome→Google Keep→メニュー

  4. 変更履歴の(対象の版)より【ダウンロード】を選択します。
    Windows 10→Chrome→Google Keep→変更履歴

変更履歴の使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。