当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Microsoft Edgeの検索エンジンを変更する方法

デスクトップ ネットワーク

WindowsにプリインストールされているWebブラウザ[Microsoft Edge]はMicrosoftが提供している関係で検索エンジンに【Bing】が採用されていますが、これを変更することができます。

検索エンジンとは?

多くのWebブラウザではURLが表示されるアドレスバーや[新しいタブ]を開いた際に表示される検索ボックスに検索語を入力してWebサイトやWebページを検索をすることができるようになっています。

この時、入力した[検索語]に対して[検索結果]を表示するシステムを検索エンジンと呼び、Bing(Microsoft)やGoogleなどがあります。ちなみにYahoo!の検索エンジンはGoogleが採用されています。

Microsoft Edgeの場合、デフォルトでは両方でBingと呼ばれるMicrosoftが提供する検索エンジンが採用されていますが、これを別の検索エンジンへ変更することができるようになっています。

ただし、設定が2ヶ所あり非常にわかりにくく「検索ボックスを使うとBingで検索される」と言う挙動になる場合があるので注意が必要です。

検索エンジンを変更するやり方

  1. Microsoft Edgeの[ 三点リーダー)]より【設定】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 設定の[プライバシー、検索、サービス]より【アドレスバーと検索】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→設定→プライバシー、検索、サービス

  3. アドレスバーと検索より【アドレスバーで使用する検索エンジン】を選択します。
    Windows 11→Microsoft Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→アドレスバーと検索

  4. アドレスバーと検索より【新しいタブでの検索、検索ボックスまたはアドレスバーを使用する】を選択します。
    【アドレスバー】を選択すると検索ボックスに入力した際にアドレスバーへ移動するようになります(検索ボックスが無効になる)。

    Windows 11→Microsoft Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→アドレスバーと検索

検索エンジンを変更するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。