当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsのWebブラウザで「閲覧履歴」や「キャッシュ」を削除する方法

Windows 11→Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→閲覧データをクリア Windows

普段使っているうえでは便利なブラウザキャッシュも、それがトラブルの原因となることがあります。キャッシュを適切に管理することは思わぬトラブルを防ぐことにもつながるので覚えておいて損は無いでしょう。

「閲覧履歴」や「ブラウザキャッシュ」とは?

閲覧履歴は、文字通り「ブラウザでアクセスしたWebサイトの履歴」です。以前に閲覧したWebサイトを再度表示させるのには便利な機能ですが、パソコンなどを共有している場合には閲覧データは個人のプライバシーとなってしまうので、閲覧後には削除しておくことが望ましいでしょう。

ブラウザキャッシュとは、「ブラウザからアクセスしたWebサイトのデータを一時的に保管しておき、次回アクセスした際の表示速度を早くする仕組み」を指します。普段使用している分には便利な機能ですが、キャッシュを保持しているとWebサイトの情報が更新された場合でもキャッシュを表示してしまうなどの不都合が生じる事があり、場合によっては手動で削除するなどの対処が必要になります。

特別な理由がない限りは手動で削除する必要はありませんが、必要に応じて削除すると良いでしょう。

閲覧履歴・キャッシュを削除するやり方

手動

  1. Microsoft Edgeの[三点リーダー)]より【設定】をクリックします。
    Windows 11→Microsoft Edge→メニュー

  2. 設定の[プライバシー、検索、サービス]>[今すぐ閲覧データをクリア]より【クリアするデータの選択】をクリックします。
    Windows 11→Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→今すぐ閲覧データをクリア

  3. 閲覧データをクリアより【時間の範囲】および【閲覧の履歴】【ダウンロードの履歴】【キャッシュされた画像とファイル】などのチェックを確認し【今すぐクリア】をクリックします。
    【Cookieおよびその他のサイトデータ】をチェックすると、ログイン情報が削除され各サービスからログアウトされるので注意してください。

    Windows 11→Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→閲覧データをクリア

自動

  1. 設定の[プライバシー、検索、サービス]より【ブラウザーを閉じるたびにクリアするデータを選択する】をクリックします。
    Windows 11→Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→今すぐ閲覧データをクリア

  2. 「閉じるときに閲覧データをクリアする」より【任意の項目】をオンにします。
    【Cookieおよびその他のサイトデータ】をチェックすると、ログイン情報が削除され各サービスからログアウトされるので注意してください。

    Windows 11→Edge→設定→プライバシー、検索、サービス→今すぐ閲覧データをクリア→閉じるときに閲覧データをクリアする

閲覧履歴・キャッシュを削除するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。