当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでファイルをPDFに変換する方法

デスクトップ Windows

Microsoft OfficeのWordやExcelなどのファイルをPDFに変換したくなることがあると思います。Windows上でファイルをPDF化するアプリケーションがありますが、Windows 11やWindows 10では標準の機能として搭載されているので、追加のアプリケーション不要でPDF化ができるようになっています。

PDF作成アプリケーションとは?

PDFを作成するには専用のアプリケーションが必要と思われがちですが、Windows 11やWindows 10では「印刷機能を流用してPDFへ変換する」と言うことができます。

これは仮想プリンターなどと呼ばれるもので、印刷機能を用いるため印刷できるファイル(WordやExcelなど)であれば何でもPDFに変換することができます。

もちろん、プリンターは無くても問題ありません。

ファイルをPDF化するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 印刷ダイアログの[プリンター]などから【Microsoft Print to PDF】を選択し印刷をクリックします。
    印刷ダイアログを表示する操作はアプリによって異なりますが、多くの場合でキーボードのCtrlPキーを押下すると表示できます。

    Windows 11→印刷ダイアログ

  2. 名前を付けて保存ダイアログより保存します。
    Windows 11→名前を付けて保存

ファイルをPDF化するやり方は以上です。

PDFの閲覧には“Adobe Acrobat Reader”のようなアプリケーションが必要でしたが、Windows 10ではアプリケーションは不要で標準で閲覧することができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。