当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでスクリーンショットを撮る方法【まとめ】

デスクトップ Windows

Windows 11やWindows 10にはスクリーンショットと呼ばれるパソコンの画面を画像に保存する機能が備わっています。スクリーンショットは[PrintScreen]キーで撮ることができますが、様々な撮り方をすることができます。

スクリーンショットとは?

現在、パソコンの画面に表示されている内容をそのまま画像として保存することができる機能です。当サイトでもWindows 11やWindows 10の記事には画面の画像がたくさんありますが、これらはすべてスクリーンショット機能を使用して保存しています。

Windows 10まではキーボードのショートカットキーを使って撮っていましたが、Windows 11ではSnipping Toolを使うようになっており、挙動が大きく変わっているので注意が必要です。

撮影されたスクリーンショットは[クリップボード]や[画像]に保存されます。デフォルトでは以下に保存されますが、これは変更することができます。

C:\Users\(ユーザー名)\Pictures\Screenshots

保存先を変更するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 変更後の[スクリーンショット]フォルダーを作成します。
    何もないところを右クリックし【新規作成】>【フォルダー】を選択します。名前は強制的に[スクリーンショット]となるので注意してください。

    Windows 11→エクスプローラー→PC

  2. エクスプローラーの[ピクチャ]より【スクリーンショット】を右クリックします。
    C:\Users\(ユーザー名)\Pictures
    
  3. コンテキストメニューより【プロパティ】をクリックします。
    Windows 11→エクスプローラー→フォルダー→コンテキストメニュー

  4. プロパティの[場所]より【移動】をクリックし、先に作成した[スクリーンショット]フォルダーを選択します。
    元に戻す場合は移動先のフォルダーに対して【標準に戻す】をクリックします。

    Windows 11→スクリーンショットフォルダー→プロパティ→場所

保存先を変更するやり方は以上です。

スクリーンショットのやり方

Windows 11

  1. キーボードよりPrintScreenキーを押下します。
    Windows 11→ソフトウェアキーボード→タッチキーボード

  2. 画面上部に表示されたメニューより左から【矩形選択】【自由選択】【ウィンドウ】【全画面】を選択します。
    表示されない場合、「マウスを動かす」「デスクトップの何もない所をクリックしてからPrintScreenキーを押下する」などを試すと良いでしょう。

    Windows 11→PrintScreenキー→Snipping Tool

  3. 【矩形選択】【自由選択】【ウィンドウ】を選択した場合、マウスで操作します。
    撮影されたスクリーンショットは[クリップボード]と[画像]の両方に保存されます。

    Windows 11→PrintScreenキー→Snipping Tool

また、Windows 10と同様の挙動にすることもできます。

Windows 10

使用するキーはPrintScreenAlt(Windows)の3つの組み合わせで行います。

キーボードによって印字されている文字列が異なる場合があり、特にPrintScreenキーはPrtScなどと省略されて書かれていることがあります。

Fnキーを同時に押す機種もあるので「できない」と言う場合には取扱説明書をよく読んでください。

[全画面]を[クリップボード]に保存する

Windows 10→スクリーンショット→フルスクリーン

PrintScreenキーを押下すると全画面クリップボードに保存します。

全画面はタスクバーも含まれます。

Windowsでクリップボードの画像データをファイルに保存する方法
スクリーンショットなどによって「クリップボードに保存された画像データ」はWordやExcelと言った対応するソフトウェアに貼り付けることが可能ですが、「ファイルとして保存したい」と言う場合には【ペイント】アプリを使うと簡単です。

[アクティブウィンドウ]を[クリップボード]に保存する

Windows 10→エクスプローラー

AltPrintScreenキーを押下するとアクティブウィンドウクリップボードに保存します。

アクティブウィンドウとは「一番前面にあり操作可能なウィンドウ」を指します。

Windowsでクリップボードの画像データをファイルに保存する方法
スクリーンショットなどによって「クリップボードに保存された画像データ」はWordやExcelと言った対応するソフトウェアに貼り付けることが可能ですが、「ファイルとして保存したい」と言う場合には【ペイント】アプリを使うと簡単です。

[全画面]を[画像]に保存する

Windows 10→スクリーンショット→フルスクリーン

(Windows)+PrintScreenキーを押下すると全画面画像に保存します。

画像の保存先は以下です。

C:\Users\(ユーザー名)\Pictures\Screenshots
エクスプローラーより[PC]>[ピクチャ]>【スクリーンショット】でも遷移できます。

[アクティブウィンドウ]を[画像]に保存する

Windows 10→エクスプローラー

(Windows)+AltPrintScreenキーを押下するとアクティブウィンドウ画像に保存します。

画像の保存先は以下です。

C:\Users\(ユーザー名)\Videos\Captures
エクスプローラーより[PC]>[ビデオ]>【キャプチャ】でも遷移できます。

スクリーンショットを多用することはあまりないと思いますが、遠隔地にいる人に現在の状況を伝えたい場合にはスクリーンショットは有効な手段です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。