当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsでアプリ毎のデータ通信量を確認する方法

デスクトップ Windows

昨今では[テザリング]などを利用することも多く月々のデータ通信量に悩んでいる人も多いでしょう。少しでも節約しようと考えるのであれば、それぞれのアプリが「どれくらいのデータ通信を行っているのか?」を把握すると削減できる不要なデータ通信がわかるかもしれません。

データ通信量を知るには?

月々に使用したデータ通信の総量は、サービスプロバイダーの料金明細などで確認することができる場合もありますが、総量がわかったところで「何に使われたのか?」がわからないと改善のしようが無いです。

Windowsでは、使用したデータ通信量をアプリ毎にカウントしており、それを視覚的に確認することができるようになっています。

バックグラウンドで通信しているアプリも多いので、意外なアプリが見つかるかもしれません。

データ使用状況を表示するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. 設定の[ネットワークとインターネット]より【データ使用状況】をクリックします。
    Windows 10の場合、設定の[ネットワークとインターネット]>[状態]より【データ使用状況】をクリックします。

    Windows 11→設定→ネットワークとインターネット

  2. データ使用状況よりアプリ毎のデータ通信量が確認できます。
    表示されているのは「過去30日間」の統計で、リセットしたい場合には一番下にある【使用状況統計のリセット】をクリックします。

    Windows 11→設定→ネットワークとインターネット→データ使用状況

データ使用状況を表示するやり方は以上です。

使いすぎているアプリがあれば、使用を抑えるなどの対策を講じると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。