当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsを「DLNAサーバー」「DLNAクライアント」にする方法

Windows 11→Windows Media Player→DLNA Windows

Windows 11やWindows 10は[DLNAサーバー]や[DLNAクライアント]として使うことができるので、「DLNAクライアントにストリーミングする」「DLNAサーバーに接続して保存された動画などを視聴する」と言ったことができます。

DLNAとは?

LAN(ローカルエリアネットワーク)を使って、デジタルコンテンツ(映像・音楽・写真など)をやりとりできるようにするためのガイドラインをDLNAと呼びます。

DLNAは[サーバー]と[クライアント]に分けることができ、サーバーは「クライアントにストリーミングする」、クライアントは「サーバーに接続して視聴する」と言ったことができます。ただし、[サーバー]と[クライアント]は同じLAN(ネットワーク)に接続されている必要があります。

Windows 11やWindows 10は[DLNAサーバー]と[DLNAクライアント]の両方に対応しています。

事前に[ネットワークプロファイル]を【プライベート】にしておくとスムーズです。

DLNAサーバーの使いかた

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。

映像・音楽・写真を追加する

対象となる映像・音楽・写真などは、ユーザーフォルダ配下にある【ピクチャ】【ビデオ】【ミュージック】などのフォルダーに保存します。

C:\Users\(ユーザー名)\

逆に言えば、これらのフォルダーに保存されているファイルは、クライアントから参照できるので注意してください。

メディアストリーミングを有効にする

  1. コントロールパネル(大きいアイコン)より【ネットワークと共有センター】をクリックします。
    Windows 11→コントロールパネル

  2. ネットワークと共有センターより【メディアストリーミングオプション】をクリックします。
    Windows 11→コントロールパネル→ネットワークと共有センター

  3. メディアストリーミングオプションより【メディアストリーミングを有効にする】をクリックします。
    Windows 11→コントロールパネル→ネットワークと共有センター→メディアストリーミングオプション

  4. メディアストリーミングオプションより各項目を任意に変更し【OK】をクリックします。
    DLNAサーバーをオフにする場合は【すべて禁止】をクリックし、最後に【OK】をクリックします。

    Windows 11→コントロールパネル→ネットワークと共有センター→メディアストリーミングオプション

DLNAサーバーの使いかたは以上です。

DLNAクライアントの使いかた

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. エクスプローラーの[ネットワーク]>[メディア機器]より(対象のデバイス)をダブルクリックします。
    Windows 11→エクスプローラー→ネットワーク

  2. Windowsメディアプレイヤーの(対象のデバイス)より【音楽】【ビデオ】【画像】などを選択します。
    Windows 11→Windows Media Player→DLNA

DLNAクライアントの使いかたは以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。