当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsアプリごとに通信の可否を設定する方法

デスクトップ Windows

Windows 11やWindows 10にはデフォルトで[ファイアウォール]の機能が搭載されており、ユーザー側が意識することなく自動的に制御されていますが、まれに「通信できない」と言ったトラブルに発展することがあるので、自分で設定を変更できるようにしておくと便利でしょう。

ファイアウォールとは?

外部からの攻撃や不正なアクセスを防ぐためのセキュリティ機能をファイアウォール(防火壁)と呼びます。古くは専用のソフトウェアをインストールして使われていましたが、Windows 11やWindows 10と言った比較的に新しいバージョンでは、その機能をデフォルトで有していることが多いです。

基本的には自動的に制御されているため、わざわざ設定を変更したりする必要はないですが、誤った挙動によって特定のアプリやゲームが「動作しない」「通信できない」と言ったトラブルが発生することがあるので、そのような時には設定を変更することで正しい挙動にすることができます。

また、「プライベートネットワークでは通信を許可する」「パブリックネットワークでは通信を許可しない」と言った設定も可能です。

ファイアウォールを設定するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. コントロールパネル(大きいアイコン)より【Windows Defender ファイアウォール】をクリックします。
    Windows 11→コントロールパネル

  2. Windows Defender ファイアウォールの【Windows Defender ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可】より任意に変更したらOKをクリックします。
    グレーアウトされている場合は【設定の変更】をクリックします。
    一覧に無い場合は 別のアプリの許可 より追加することができます。

    Windows 11→コントロールパネル→Windows Defender ファイアウォール→Windows Defender ファイアウォールを介したアプリまたは機能を許可

ファイアウォールを設定するやり方は以上です。

初めてアプリを起動した際などに[Windowsファイアウォール]のダイアログが表示されることがありますが、誤って意図しない内容で OK をクリックしてしまった場合などには、設定の内容を見直した方が良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。