当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

インストール済みWindowsのプロダクトキーを確認する方法

デスクトップ Windows

Windows 10のパソコンに対して「Windows 10を再インストールする」「Windows 11をインストールする」と言った場合の[ライセンス認証]は自動的に行われるはずですが、場合によっては【プロダクトキー】が必要となることがあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

プロダクトキーとは?

ソフトウェアを利用する際、正規に購入されたものであるかを確認するために必要な[パスワード]のようなものをプロダクトキー(ライセンスキー)と呼びます。

Windowsにも当然に必要なものですが、「Windowsがインストール済みのパソコン」を購入することが一般的であるため、目にする機会は極端に少ないかもしれませんが、パソコン本体に貼られたシールで確認できることが多いです。

「シールが貼られていない」「別途に購入した」と言う場合で、不明な場合には【Windows PowerShell(コマンドプロンプト)】を用いて表示することができるようになっています。

プロダクトキーを表示するやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. コマンドラインツール(ターミナル/PowerShell/コマンドプロンプト)を開きます。
    Windows 11→ターミナル

  2. Windows PowerShellより以下のコマンドを実行します。
    wmic path softwarelicensingservice get OA3xOriginalProductKey
    
  3. 結果を確認します。
    以下の場合、【XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX】の部分がプロダクトキーです。
    OA3xOriginalProductKey
    XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
    

プロダクトキーを確認するやり方は以上です。

プロダクトキーが漏洩するとOSそのものが使えなくなる恐れがあるので、取り扱いには充分に注意してください。

Windowsのターミナル/PowerShell/コマンドプロンプトでコピー&ペーストする方法
Windows 11の[ターミナル]やWindows 10の[Windows PowerShell][コマンドプロンプト]などのコマンドラインツールはキーボードを用いて入力するのが一般的ですが、マウス操作によるコピー&ペーストをすることもで...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。