当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

WindowsでOneDriveにサインインする方法

Windows 11→インストール→OneDrive→チュートリアル Windows

OneDriveとは、Microsoftが提供している無料のオンラインストレージで[Googleドライブ]や[iCloud Drive]などと同じようなものです。Windows 11やWindows 10に[Microsoftアカウント]でサインインしていればOneDriveを起動するだけでサインインできますが、[ローカルアカウント]でログインしている場合はひと手間必要になります。

OneDriveアプリ

Windows 11やWindows 10などにはOneDriveアプリがプリインストールされていることが多いです。

Windows8(もしくはWindows8.1)では、パソコンにMicrosoftアカウントでログインしていないとOneDriveにサインインすることができませんでしたが、Windows 11やWindows 10ではローカルアカウントでログインしていてもOneDriveにサインインすることができるようになりました。

ただし、OneDriveにサインインするのにMicrosoftアカウントは必要です。

OneDriveにサインインするやり方

Windows 11を例とします。Windows 10でも同様の操作が可能ですが文言などが異なる場合があります。
  1. Windowsのすべてのアプリより【OneDrive】を開きます。
    プリインストールされていない場合は、手動でインストールすることができます。

    Windows 11→スタートメニュー→すべてのアプリ

  2. OneDriveを設定より(Microsoftアカウント)でサインインします。
    Windows 11→インストール→OneDrive

  3. OneDriveフォルダーより[OneDriveフォルダーはここにあります]を確認し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→インストール→OneDrive

  4. 「このPCのフォルダーをバックアップする」より任意に変更し【後で行います】または【バックアップの開始】をクリックします。
    Windows 11→インストール→OneDrive

  5. 「OneDriveを最大限に活用する」より【後で】または【プレミアムに移行】を任意に選択します。
    【プレミアムに移行】は有料です。無料で使い続ける場合は【後で】をクリックします。

    Windows 11→インストール→OneDrive

  6. チュートリアルを確認し進めます。
    No. 項目
    1 OneDriveについての理解を深める
    2 ファイルとフォルダーの共有
    3 すべてのファイルをオンデマンドで利用できます
    4 モバイルアプリを手に入れる
  7. 「OneDriveの準備ができました」より【OneDriveフォルダーを開く】をクリックします。
    Windows 11→インストール→OneDrive

OneDriveにサインインするやり方は以上です。

また、このやり方であれば複数のアカウントでOneDriveを使用することができるようにもなります。

OneDriveフォルダーの見かた

Windows 11→インストール→OneDrive→チュートリアル

チュートリアルで表示されたように、ファイルやフォルダーに緑色のアイコンが付いていれば同期が完了している印です。

アイコンは(同期完了)の他に(同期エラー)や(同期中)があります。

また、のアイコンはOneDrive上にあるが未ダウンロードのファイルですが、開くと自動的にダウンロードされます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。