当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Windowsのファイル・フォルダーをGoogleドライブに同期する方法

Windows

WindowsにGoogleドライブのアプリをインストールすると「Windowsのファイル・フォルダーをGoogleドライブへ同期する」と言うことができます。Windowsにはデフォルトでバックアップ機能がありますが、容量が少ないのでGoogleアカウントがあればGoogleドライブを活用すると良いかもしれません。

Googleドライブに同期する

Windows 11などに標準で搭載されている[Windowsバックアップ]は、OneDriveにファイルをアップロードする必要がありますが、OneDriveの容量は無料の場合は5GB(2023年10月現在)であるため「足りない」と言う人も少なくないかもしれません。

対してGoogleドライブは[ドライブ][フォト][Gmail]と共用ではあるものの、無料の場合は15GBまで保存できるので「OneDriveでは足りない」と言う場合にはGoogleドライブを使った方が良いでしょう。

Googleドライブへ同期するには、WindowsパソコンにGoogleドライブのアプリをインストールする必要があります。

アプリをインストールするやり方

  1. Webブラウザより[Googleドライブ]へアクセスし【パソコン版ドライブをダウンロード】をクリックします。
    Web→Googleドライブ→ダウンロード

  2. ダウンロードしたファイルを起動し【インストール】をクリックします。
    インストールが完了したら【閉じる】をクリックします。

    Windows 11→インストール→Googleドライブ

アプリをインストールするやり方は以上です。

同期を設定するやり方

初期設定

  1. Googleドライブより【開始】をクリックします。
    すべてのアプリなどから【Googleドライブ】を起動します。

    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  2. Googleドライブより【ログイン】をクリックします。
    Googleアカウントでログインします。

    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  3. 「Googleドライブと同期する」より(対象のフォルダ)を選択し【次へ】をクリックします。
    表示されているフォルダ以外を対象にする場合は【フォルダを追加】をクリックします。同期しない場合は【スキップ】をクリックします。

    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  4. 「Googleフォトにバックアップ」より(対象のフォルダ)を選択し【次へ】をクリックします。
    表示されているフォルダ以外を対象にする場合は【フォルダを追加】をクリックします。同期しない場合は【スキップ】をクリックします。

    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  5. 内容を確認し問題が無ければ【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  6. 「エクスプローラーでドライブのファイルを表示する」より内容を確認し【次へ】をクリックします。
    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

  7. 最後に【ドライブを開く】をクリックします。
    Windows 11→Googleドライブ→初期設定

同期を設定するやり方は以上です。

エクスプローラーで開くやり方

  1. エクスプローラーの[PC]より【Google Drive(G:)】を開きます。
    [G:]は環境によって異なる場合があります。

    Windows 11→エクスプローラー→PC

  2. Google Drive(G:)より【その他のパソコン】を開きます。
    Windows 11→エクスプローラー→Googleドライブ

同期するフォルダを変更するやり方

  1. タスクトレイ(画面の右下)より【Googleドライブ】>【(歯車)】>【設定】を選択します。
    表示されていない場合は【】をクリックします。

    Windows 11→タスクトレイ→Googleドライブ

  2. Googleドライブの設定の[パソコン上のフォルダ]より(対象のフォルダ)をクリックします。
    フォルダを追加する場合は【フォルダを追加】をクリックします。

    Windows 11→Googleドライブの設定

  3. 設定より変更します。
    Windows 11→Googleドライブの設定

同期を設定するやり方は以上です。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。