当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

2025年10月にwindows 10がサポート終了するとどうなるのか?

デスクトップ Windows

windows 10はMicrosoftによるサポートが2025年10月14日に期限を迎えます。Windows 11への無償アップグレードが可能ですが、システム要件に比較的に新しい仕組みが求められているので、アップデートできるか確認しておくと良いでしょう。

使い続けるのは非推奨

Windows 10へのサポートが終了しても、パソコンが使えなくなるわけでは無く自己責任で「使おうと思えば」使い続けることはできます(非推奨)。ただし、定期的に配信されていた更新プログラムが無くなるため、様々なリスクが発生します。

例えば、コンピューターウィルスの類に対して脆弱となり感染のリスクが極端に増えます。ウィルス対策ソフトを使って防げるかもしれませんが、OSは想像している以上に複雑であり、OS上で動作するサードーパーティー製のソフトウェアでは対処できない場合もあります。

また、脆弱性が修正されないことにより不正アクセスに対して脆弱となり、外部からの直接的な攻撃を受けるリスクが極端に増えます。自身に対する攻撃だけでなく、他社を攻撃する際の踏み台にされると、何らかのトラブルに巻き込まれ刑事罰損害賠償などの責任が発生する可能性もあります。

Windows 11へアップグレードするには?

Microsoftが用意した[PC正常性チェックアプリ]を用いて、パソコン本体がWindows 11に対応しているか確認することができます。

また、対応しているパソコンであれば、Windows Updateに案内が表示されているハズなので確認してみると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。