当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

YouTubeの全画面表示を画面サイズに合わせる方法

Androidスマートフォン Android

AQUOS sense plusなど18:9の縦長ディスプレイを持つAndroidスマートフォンでYouTubeを再生すると、ディスプレイの両端に黒い帯が表示されてしまいますが、これをフルスクリーンで表示させることができます。

18:9と16:9

YouTubeの動画は撮影機材の環境にもよりますが16:9のワイドで撮影されていることが多いです。

これまでのスマートフォンでは、16:9の “HD” や “フルHD” などの解像度を持つディスプレイが多かったですが、昨今の比較的に新しいスマートフォンでは18:9の縦長ディスプレイを搭載した機種も増えてきました。

18:9と16:9では18:9の方がより縦長となるため、YouTubeなどに多い16:9の動画をフルスクリーンで見ると左右に黒い帯が表示されることになります(YouTubeはフルスクリーン時に横表示になるため)。

この時、YouTubeでは18:9のディスプレイでも動画を拡大することで、左右の黒い帯を無くして完全なフルスクリーンで映像を表示することができます。

左右の黒い帯を消すやり方

  1. YouTubeアプリで動画を再生し右下の『フルスクリーンアイコン』をタップします。

    AQUOS sense plus→YouTubeアプリ→再生中コントローラー

    表示されていない場合には、画面を一度タップすると表示されます。
  2. フルスクリーンで表示された画面をピンチアウト(二本の指で押し広げる)します。

    AQUOS sense plus→YouTubeアプリ→フルスクリーン

  3. 動画が拡大され画面いっぱいに広がって表示されます。

    AQUOS sense plus→YouTubeアプリ→フルスクリーン→拡大して表示

左右の黒い帯を消すやり方は以上です。

16:9の動画を拡大し18:9のディスプレイに表示させるため、動画の上下がカットされた状態になるので注意してください。

Android
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。