当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

AndroidスマホでWebサイトのショートカットを作成する方法

Androidスマートフォン Android

Webサイトにアクセスする際にブックマークから選択するのも良いですが、ホームにWebサイトのショートカットを作成して[アイコン]を配置しておけば、他のアプリと同様にホームからタップするだけでアクセスできます。

ショートカットとは?

パソコンなどでデスクトップ上のアイコンをクリックするとアプリ(ソフトウェア)が起動しますが、これはデスクトップ上にソフトウェアが存在しているわけでは無く「場所を記録したアイコン」があるだけで、このような仕組みをショートカットと呼びます。

同じようにAndroidスマートフォンのホームにWebサイトの「URLを記録したアイコン」を設置することで、タップするだけでブラウザを起動してWebサイトを表示させることができます。

専用のアプリが存在せずにWebブラウザでしかアクセスできないサービスなどは、ショートカットを作成しておけばアプリのようにワンタップでアクセスすることができるので便利です。

Facebookなどのような[アプリ]でも[Webブラウザ]でも利用できるサービスは、Webブラウザからアクセスしたほうがバックグラウンド処理が行われないので、バッテリーの消費を抑える効果があります。

ショートカットを作成するやり方

  1. Chromeブラウザより[(対象のWebページ)]を表示し【 三点リーダー)】をタップします。
    Androidアプリ→Chromeブラウザ

  2. メニューより【ホーム画面に追加】を選択します。
    Androidアプリ→Chromeブラウザ→メニュー

  3. ホーム画面に追加より【追加】をタップします。
    Androidアプリ→Chrome→ホーム画面に追加

  4. アイコンを[ロングタップ]したのちドラッグ&ドロップするか【ホーム画面に追加】をタップします。
    アイコンはWebページ側で設定されているものが表示されますが、サイトによってはアイコンが設定されておらず共通のアイコンで表示される場合もあります。

    Androidアプリ→Chrome→ホーム画面に追加

ショートカットを作成するやり方は以上です。

ショートカットアイコンに小さく表示されるChromeブラウザのアイコンは「Webサイトのショートカット」を示すもので、通常の操作では消すことができないようです。

アイコンを消すには?

作成した[ショートカット]のアイコンは[ウィジェット]と同じ挙動をするので、アイコンを消す場合も同様の操作で可能です。

Androidスマホでウィジェットを使う方法
ウィジェットはホーム画面で動作する「小型化されたアプリ」であり、Androidスマートフォンでは古くから使える機能の1つです。様々なウィジェットをホーム画面に配置することで、いちいちアプリを開かなくとも情報を得ることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。