当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホでデータ使用量の警告や制限を行う方法

Androidスマートフォン Android

スマートフォンの普及に伴って月々に使われるデータ通信の使用量は増加の一途を辿っていると言われています。昨今では、契約プランにより使用できるデータ通信量に上限が設けられていることも多いので、月末の間近に上限を超えないよう[警告]の通知や[制限]をかけると良いでしょう。

データ使用量に関する通知とは?

Androidスマートフォンには標準の機能として[データ通信量]を監視する機能が搭載されています。この機能は指定した[期間]に指定した[データ使用量]を超えると【データ使用量に関する通知】や【データ使用の警告】を表示してくれます。

この通知は、Androidスマートフォン本体の機能であり、閾値はユーザー自身によって決めることができますが、デフォルトが「スマートフォンを始めて起動した日」であるため、月の途中で機種変更を行うと “2日” や “11日” と言った中途半端な日付から計測が始まってしまい、思わぬタイミングで通知が行われることがあります。

このため、Androidスマートフォンへ機種変更をした際には、データ使用量の閾値を再設定するようにしましょう。

この通知を発行しているのはAndroidスマートフォン本体であり、契約キャリア(ドコモやau、ソフトバンクや楽天モバイルなど)とは直接的な関係は無いので、計測されたデータ量に誤差が生じる場合があります。

データ使用量の警告と制限を設定するやり方

  1. 設定より【ネットワークとインターネット】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. ネットワークとインターネットより【インターネット】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定→ネットワークとインターネット

  3. インターネットより【(モバイル通信)[歯車]】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定→ネットワークとインターネット→インターネット

  4. (キャリア名)より【データ使用量の警告と制限】をタップします。
    Android 12→設定→ネットワークとインターネット→SIM

  5. データ使用量の警告と制限より【モバイルデータの使用サイクル】【データ使用量を警告】【警告するデータ使用量】【データ使用量を制限】【データ上限】を変更します。
    【モバイルデータの使用サイクル】は、締め日が月末であれば[1日]を選択します(締め日の翌日)。

    Android 12→設定→ネットワークとインターネット→SIM→データ使用量の警告と制限

データ使用量の警告と制限を設定するやり方は以上です。

データ通信の容量は人によって異なるので[推奨値]と言うのはありませんが、とりあえず7割から8割ぐらいに設定しておいて「通知が早いな」と感じれば増やし「通知が遅いな」と感じれば減らして微調整すると良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。