当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Google Playで「未インストール」一覧のアプリを非表示にする方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォン / タブレットなどでアプリをダウンロード&インストールするとGoogle Playの「アプリとデバイスの管理」に表示されるようになります。誤ってダウンロードしたアプリも表示されるので、不要なアプリがあれば非表示にすると閲覧性が上がるでしょう。

未インストールの一覧

一度はGoogle Playからダウンロード&インストールしたが、「間違えてダウンロードした」「ダウンロードしたけど使わなかった」と言ったアプリは未インストールとして一覧で表示することができます。

ダウンロード&インストールするのを忘れていたりするアプリを探すのに便利ですが、使う予定の無いアプリが含まれているのは閲覧性が下がってしまいます。

このため、一覧から削除しておくと良いでしょう。

Androidアプリを再インストールする方法
普段から利用しているアプリが多いと初期状態のスマートフォンにインストールする作業は面倒ですが、AndroidスマートフォンのGoogle Playでは過去にダウンロードしたことがあるアプリを一覧で表示し、複数選択したうえで一括ダウンロード&...

非表示にするやり方

  1. Google Playより【(自分のアイコン)】をタップします。
    Androidアプリ→Google Play→ゲーム

  2. アカウントより【アプリとデバイスの管理】をタップします。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント

  3. アプリとデバイスの管理の[管理]より【インストール済み】をタップします。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント→アプリとデバイスの管理→管理

  4. アプリより【未インストール】をタップします。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント→アプリとデバイスの管理→管理

  5. 未インストールの[アプリ]より【(対象アプリ)】をチェックします。
    Androidアプリ→Google Play→アカウント→アプリとデバイスの管理→管理→未インストール

  6. (ごみ箱)】をタップします。
    [インストール済み]で操作するとデバイスからアプリがアンインストールされるので注意してください。

    Androidアプリ→Google Play→アカウント→アプリとデバイスの管理→管理→未インストール

非表示にするやり方は以上です。

再表示するやり方

改めてダウンロード&インストールすれば表示されるようになります。

Android
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。