当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Androidスマホで電源ボタンの挙動を変更する方法

Androidスマートフォン Android

Androidスマートフォンでは、一般的に【電源ボタン】を長押しすることで電源メニューが表示され[電源を切る]や[再起動]など電源の操作ができますが、Android 12よりアシスタント機能(Googleアシスタントなど)を割り当てることができるようになっています。

電源ボタンの挙動

Androidスマートフォンの電源ボタンは押下することで[スリープにする][スリープを解除する]と言った操作、長押しすることで[電源を入れる][電源を切る][再起動する]と言った電源の操作ができます。

Android 12以上では、電源の操作に変えてアシスタント機能(Googleアシスタントなど)に割り当てを変えることができるようになっていることがあり、「長押しでアシスタントを呼び出す」と言う操作が可能になりました。

Android 11などからアップデートした際にはデフォルトで[オフ]になっていることが多いですが、Pixel 6シリーズのようにAndroid 12がプリインストールされている機種では[オン]となっていることがあるので、好みに合わせて変更すると良いでしょう。

電源ボタン長押しの挙動を変更するやり方

  1. 設定より【システム】をタップします。
    Pixel→Android 13→設定

  2. システムより【ジェスチャー】をタップします。
    Android 12→設定→システム

  3. ジェスチャーより【電源ボタンを長押し】をタップします。
    Android 12→設定→システム→ジェスチャー

  4. [電源ボタンを長押し]より【電源ボタンメニュー】【デジタルアシスタント】を選択します。
    Pixel→Android 14→システム→ジェスチャー→電源ボタンを長押し

電源ボタン長押しの挙動を変更するやり方は以上です。

電源メニューを表示するやり方

電源ボタンメニュー

電源ボタンを長押しします。

デジタルアシスタント

電源ボタンボリュームアップボタンを同時に押下します。

また、クイック設定ツール(クイック設定パネル)からも操作できるようになっています。

Androidスマホで通知領域&クイック設定ツールを操作する方法
Androidスマートフォンには機種やバージョンによって異なるものの[通知領域]と[クイック設定ツール]と呼ばれる機能があり、画面を操作することで表示させることができます。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。