当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

Google製ファイルマネージャーのFilesアプリ

Androidスマートフォン アプリ

Androidスマートフォンで[内部ストレージ]や[外部ストレージ(microSDカード/USBメモリなど)]に保存されたファイルは、スマートフォン本体から操作(作成・削除・移動など)することができます。

ファイルマネージャーアプリ

スマートフォン内に保存されたファイル等を操作するためには専用のアプリを使用するのが一般的で、「ファイルマネージャー」をはじめ[ファイラー]や「ファイルエクスプローラー」「ファイルビューアー」などと呼ばれています。

Google Playストアには様々なアプリが提供されていますが、昨今ではGoogleが提供しているFilesアプリがプリインストールされている場合があります。

Filesアプリは[内部ストレージ]はもちろん[外部ストレージ(microSDカードUSBメモリなど)]も扱うことができるので、他に気に入ったアプリが無ければ使ってみると良いかもしれません。

Androidスマホで「外部ストレージ」を使用する方法
Androidスマートフォンで「外部ストレージ」と言うと[microSDカード]を用いることが多いですが、一般に販売されている【USBメモリー】【外付けHDD/SSD】などを使用することもできます。ただし、スマートフォンは[USB Type...
Files by Google - Google Play のアプリ
オフラインでのスマートフォンのクリーンアップ、ファイル検索、メディア再生、ファイルの共有

Filesアプリの使いかた

Filesアプリには様々な機能が搭載されていますが、今回はファイルマネージャーの機能に絞って紹介します。

ストレージを開くやり方

  1. アプリの[見る]より【(対象ストレージ)】を選択します。
    【内部ストレージ】のほかにも【外部ストレージ(SDカード、USBめもりなど)】を選択できます。

    Androidアプリ→Files→見る

  2. 対象ストレージの内容が表示されます。
    Androidアプリ→Files→内部ストレージ

フォルダを作成するやり方

  1. 対象ストレージより【 三点リーダー)】をタップします。
    Androidアプリ→Files→内部ストレージ

  2. メニューより【新しいフォルダを追加】を選択します。
    Androidアプリ→Files→内部ストレージ→メニュー

操作(移動/コピー/削除など)するやり方

  1. 対象ストレージより【(対象ファイル)】を選択します。
    ロングタップで選択後、タップして複数選択が可能です。

    Androidアプリ→Files→内部ストレージ

  2. 対象ストレージより【 三点リーダー)】をタップします。
    Androidアプリ→Files→内部ストレージ→選択

  3. メニューより【移動】【コピー】【名前を変更】【完全に削除】などを選択します。
    Androidアプリ→Files→内部ストレージ→選択→メニュー

  4. 【移動】【コピー】の場合は【(対象ストレージ)】を選択します。
    Androidアプリ→Files→ストレージ選択

  5. 対象ストレージより[(対象フォルダー)]を選択し【ここにコピー】または【ここに移動】をタップします。
    Androidアプリ→Files→フォルダ選択

Filesアプリの使いかたは以上です。

Androidスマホでファイルをパスワードで保護する方法
Googleが提供する[Files]アプリには【安全なフォルダ】と呼ばれる機能があり、ファイルを移動することでパスワード(PINやパターンなど)をかけることができます。
Androidスマホで内部ストレージの空き容量を増やす方法
内部ストレージの容量が足りなくなった場合、不要なアプリやファイルを削除するのが簡単です。Androidスマートフォンでは【Files by Google】アプリを使うことで「重複ファイルの削除」や「使用していないアプリの削除」などを簡単に検...
Androidスマホの内蔵ファイルマネージャーを使う方法
保存されたスマートフォンに保存されたファイルを操作するのにファイル管理アプリなどを使用している場合も多いでしょうがAndroidには標準機能として[ファイルマネージャー(ファイルエクスプローラーやファイラーなど)]の機能がが内蔵されています...

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。