当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneの音量キーをシャッターボタンにする方法

iPhone iPhone

iPhoneのカメラで撮影する際には「画面内のシャッターボタンをタップする」と言う動作を行いますが、音量キーをシャッターボタンの代わりにすることもできます。

音量キーの役割

Androidスマートフォンには「カメラ用のシャッターボタン」が本体に備わっている機種もありますが、iPhoneの本体に備わっているボタンは[電源ボタン][音量キー][ホームボタン]と言った最小限になっています。

このため、カメラアプリで撮影する際には、画面内に表示された[シャッターボタン]をタップするのが一般的ですが、[音量キー]を代わりにすることもできます。

そもそも、iPhoneは[音量キー]を押下することでシャッターボタンの代わりにすることができますが、長押しした時の挙動は「連写する」「動画を撮影する」など変更することができます。

音量キーの機能を変更するやり方

  1. 設定の[カメラ]より【音量を上げるボタンをバーストに使用】のオン/オフを切り替えます。
    オンにすると連写になり、オフにすると動画の撮影になります。

    iPhone→設定→カメラ

音量キーの機能を変更するやり方は以上です。

音量キーで撮影するやり方

  1. 本体の[音量キー]を上にして持ちます。
    イラスト→iPhone SE

  2. 被写体を画角に収め[音量キー]を押下します。
    前述したように長押しすると「連写」または「動画の撮影」になるので注意してください。

    イラスト→iPhone SE

音量キーで撮影するやり方は以上です。

スマホのカメラを遠隔操作するリモートシャッター
100円ショップ(ダイソー)で[Bluetoothリモートシャッター]なるものが売っていたので買って使ってみました。iPhoneやAndroidスマートフォンで本体に触れないので手ブレ防止になります。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。