当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでスクリーンショットをフルページで保存する方法

iPhone iPhone

スクリーンショットはディスプレイに表示されている内容を[画像]などで保存するのが一般的ですが、iPhoneでは一部のアプリで画面外の範囲も含めた【フルページ】のスクリーンショットが可能になっています。

スクリーンショットの範囲

スクリーンショットとは、一般的に「画面に表示されている内容を画像などにして保存する」と言う機能です。このため、画面外が含まれることは無く全てをスクリーンショットする場合には、複数回に分けて操作する必要がありました。

iPhoneでは、一部のアプリに限られるようですがスクリーンショット後に保存する範囲を選択することができるようになっており、スクロールせずとも画面外も含めたフルページのスクリーンショットを保存することができます。

「キャプチャ範囲を変更する」と言うこともできるので、逆に「画面内の一部をスクリーンショットする」と言うことも可能です。

フルページで保存するやり方

今回はWebブラウザ[Safari]のスクリーンショットを例とします。
  1. スクリーンショット後に左下の【(プレビュー画像)】をタップします。
    iPhone→スクリーンショット→プレビュー

  2. 編集画面より[フルページ]を選択し【完了】をタップします。
    トリミングしたい場合には[完了]の右にある【(トリミングボタン)】をタップします。

    iPhone→スクリーンショット→編集

  3. ダイアログより問題が無ければ【“写真”に保存】【PDFを “ファイル” に保存】をタップします。
    iPhone→スクリーンショット→編集→保存

  4. [PDFを “ファイル” に保存]の場合、保存場所を選択し【保存】をタップします。
    PDFで保存する場合、ファイルアプリから閲覧することになります。

    iPhone→スクリーンショット→編集→保存

キャプチャ範囲を変更するやり方は以上です。

全てのアプリでできるわけでは無いようなので注意してください。

iPhone
エンジニアの休日

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。