当サイトは広告およびアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

iPhoneでバッテリー残量の通知を任意に表示する方法

iPhone iPhone

iPhoneではバッテリー残量が[20%]などのタイミングで通知が表示されるようになっていますが、「もっと早く表示したい」と言った場合にはショートカットアプリの[オートメーション]を使うことで任意のタイミングで通知することができます。

バッテリー残量が少なくなっています

iPhoneではバッテリー残量が少なくなると[省電力モード]への移行を促すダイアログが表示されるようになっています。

このダイアログが表示されるのは[20%]や[10%]と言った決まったタイミングであり、「もっと早く通知して欲しかった」と感じる場合もあるでしょう。

このような場合には、ショートカットアプリの[オートメーション]を使うことで[50%]など任意のタイミングで通知を表示させることができます。

オートメーションを作成するやり方

  1. ショートカットアプリの[オートメーション]より【+】をタップします。
    初めてオートメーションを作成する場合は【新規オートメーション】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション

  2. 個人用オートメーションより【バッテリー残量】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション

  3. 新規オートメーション(バッテリー残量)よりスライダーを[(任意の%)]にし[(任意の%)より下]を選択した上で【次へ】をタップします。
    [より下]は消費、[より上]は充電、[と等しい]は両方によって達した場合を表します。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→バッテリー残量

  4. [開始]より【新規の空のオートメーション】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→個人用オートメーション→選択

  5. アクションより【+アクションを追加】をタップします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  6. アクションより【通知を表示】を選択します。
    数が多いので “Appおよびアクションを検索” より検索をオススメします。

    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション

  7. アクション(通知を表示)より[通知(任意の文字列)を表示]を変更し【完了】をタップします。
    iPhoneアプリ→ショートカット→オートメーション→新規オートメーション→アクション→通知を表示

オートメーションを作成するやり方は以上です。

Apple Watchを使っていれば通知を確認することができるので、カバンの中のiPhoneを確認する必要が無くなります。また、「音を鳴らす」などにカスタマイズしても良いでしょう。

プロフィール

この記事を書いた人
anykey

「エンジニアの休日」の管理人。
IT系ブラック企業にてSE・プログラマを5年経験したのち一般企業の社内SEを2年ほど経験しました。
図書館で読んだ本をきっかけに、こんなサイトを作るまでになりました。